えひめ森林公園はアドベンチャーワールド!

  

グルッタ    イマナニ体験レポート

大自然のアスレチックランドでキッズパワー爆発!

小5小2男子の父・グルッタです。
今現在、新型コロナウイルスは落ち着きをみせ、三密は意識しながらも外出できる日々を取り戻しつつあります。

実は、今回の体験レポート、今年4月上旬のお話です。

メチャ楽しいお出掛けだったのですが、微妙な時期でしたので掲載をためらいタイミングを外してしまいました。
でも、ステキな場所であることは折り紙付き!
特に腕白なスポーツ大好き小学生には、ド・ストライクの公園です。

えひめ森林公園は、ロッジ・キャンプ場など施設も充実しているのですが、今回の主役は山岳アスレチック!
自然の山をそのまま生かして25種類の遊具を配置した県下でも稀に見るキッズコースです。

無料でありながら距離にして2キロ・所要時間1.5時間というビックスケール!
紹介しないのは余りにも勿体なくて今頃ですが、取り上げることにしました。

桜も見事でしたので、それも併せてお伝えします。
では、早速レッツトライ!
1-1
次男はスタート前から、なぜかテンション高め。
次男はスタート前から、なぜかテンション高め。 まずは受付で手続きをします。 カブトムシをはじめ手作り感たっぷり! 大小様々な遊具が25種類もあります。 味のある仕上がりの、みきゃん。
ちなみに40代以上のお父さん、お母さんはそれなりの運動量を覚悟していきましょう。

運動不足に加え、大きめの水筒や荷物など重装備で望んだ僕は結構キツかったです。
アスレチックしなくても山一つ越えていくわけですので。

でも、チビ二人は目をキラキラさせて突撃!
今回が初訪問ではないのですが、何度来ても楽しいみたいです。

基本は、丸太とロープが素材で作られているのですが、随所に工夫が感じられます。
遊具の種類が多いのですが、それぞれに特徴を持たせたり、段々難易度が上がったり。
スケールや高さも徐々にステップアップして親子で盛り上がること間違いなし。

我が家の場合、先に長男が手本をみせて、それを確かめた次男が果敢にトライする流れです。
正直、小2だとやや苦戦する遊具も見られ、できるものだけ楽しむように言い聞かすのですが、それでも突進!

あれ?コイツこんなに勇気があったっけ?と成長を感じる場面も。
まぁまぁ高いところにも登るので、見ている方もハラハラドキドキです。
2-1
最初はくぐったり簡単な遊具から。
最初はくぐったり簡単な遊具から。 やる気満々の長男。 桜も多く景色を楽しみながら進んでいきます。 高い所に登ると気持ちよさそう。 これは引っ張って持ち上げる遊具。

乗り越えた先に桜が一面広がります!

大ウケだったのが、木でできたお皿のような大きく平たい遊具。
兄弟二人で叫びながらグルグルと回りまくり。

途中から妻まで一緒に加わって追いかけっこになっていました。

あとは、他の公園でも比較的よくあるターザンロープ。
次男は身長不足か足がうまくロープに絡まず、途中で落下。
それが不満らしく何度もトライ!

かなりハードな気もするのですが、楽しくて夢中なせいか、大丈夫みたいです。
運動ができるとは言い難いインドア派の二人ですが、かなり頑張っています。
まぁ~この開放的な広がる景色を見たら、モチベーションアップしないはずないですけど。

子どもにすれば、ちょっとした冒険気分かもしれません。
3-1
段々、遊具の高さが増していきます。
段々、遊具の高さが増していきます。 叫びながら走り回っております。 ターザンロープに挑戦! これは丸太の位置を左右へ動かす遊具。 長男に刺激を受け、次男も一緒にクリアを目指します。
頂上付近まで頑張ると、あたり一面開けたように広がる広場へ到着。

思わず、お~っ!と声が溢れるほど、見事な桜たち。
見上げる桜色と青空のカラーリングは、表現しがたい眺めです。

ゼイゼイいいながら上がってきたからこそ、より一層思ってしまうのかもしれません。
誰もいない貸し切り状態で、贅沢な時間が過ごせました。


コロナウイルスの関係で当日はできませんでしたが、ここでお弁当を広げたら最高ですね。
東屋やベンチなど休憩できる場所は沢山用意されています。

一息つけ休めたのと帰りは下り中心なので思い他、後半はサクサクと進んでいきます。

そしていよいよクライマックス!
「石鎚山」とネーミングがついた見上げるほどの遊具へ。

随分前ですが前回ここに訪れた時、余りの高さでビビってしまい二人共リタイヤした経緯があります。
それくらい頂上は高く、大人でも高いところが苦手な人は登れないかも。

が、今回はあっけないほどに見事クリア!
一気に駆け上がるように、考える間もなく登ったのが良かったみたい。
でも頂上付近で降りる時、一瞬ためらいがあったので、やはり少しは怖かったかも。

何度も来ていますが、全ての遊具をクリアしたのは今回が初めてです。
4-1
楽園と言って良いほどの景色が広がります。
楽園と言って良いほどの景色が広がります。 晴天の青に桜が映えます。 誰もいない貸切状態。 次男は慣れたせいか後半の方が動きが良好! 石鎚山の名にふさわしいビックサイズです!
チビ二人は、走るように次々遊具に行こうとするので付いていくのが大変でした。
でも、それくらい楽しかったのでしょうね。

あと、最初に受付でポイント計算できるプリントがもらえるので、ぜひ受け取って下さい。
みんなで訪れるなら、こうした競争的要素も盛り上がる材料になると思います。
我が家も受け取ったのですが、途中からそっちのけで夢中になってしまいました…。

これから梅雨が明けたら、ぜひお子様のいるご家庭にはオススメのスポットです。
次回は、お弁当を持って訪れるつもりで~す。

他記事を閲覧したい方は、記事まとめナビ!をどうぞ。

公園をお探しの方は、スポット一覧まとめ!をどうぞ。

えひめ森林公園
開催時間/9:00~17:00(12/28~1/4は休園)
開催場所/えひめ森林公園(愛媛県伊予市上三谷)
駐車場/普通150台(奥の大駐車場の利用推奨)
料金/なし
問い合わせ先/えひめ森林公園管理事務所 TEL.089-983-3069
URL/http://www.aimori.jp/park/
reported by グルッタ