秋の鹿島!海岸で砂遊び・貝殻拾い・散策も

  

saya    イマナニ体験レポート

船のりばから3分で到着!子どもが思いっきり遊べる、広々海岸

どーも、こんにちは。1歳と4歳、二人の子を育てるワーママ"saya"です!
平日一緒に遊べる時間が少ないので、休日は子ども達が思いっきり遊べる場所を探し回る日々。
そんな中「イマナニ」スポットにも掲載されている、北条鹿島の海水浴場に行ってきました!
この「秋」に!2回も!(泣)4歳息子が、「鹿さんの船」と素敵な海岸を大変気に入ってしまい、我が家では鹿島が「アツい」のです。

まず、鹿島へは、松山市内(市駅周辺)から船のりばまで、車で30分程度。
乗り場の駐車場は、普通車が56台停められるほど広々!
船は、朝7時から17時までは一時間に3便出ています。
そしていざ、船の屋根に鹿が乗った「鹿さんの船」でGO!
乗船時間は3分程度で、乗船中は、友近さんのププッと笑えるナレーションも楽しめますよ♪
1-1
我が家で今アツい、鹿さんの船!
我が家で今アツい、鹿さんの船! 時間帯によりますが、朝から昼間は一時間三便 「島に渡る」って、大人でも何だかワクワクします だんだん近づく島に興奮しまくりの息子 鹿島に到着!天気の良い日は、自然のコントラストが最高!
まず、この秋1回目の鹿島は、秋だというのに気温25度程度と、まるで夏のような暑さでした…
さすがに泳ぎませんでしたが、海水に足を入れても寒くない気候!
持参したサンダルで、浅瀬をガンガン歩きました!

お友達と水をかけあったり、海岸の砂で山を作ったり、砂浜に落書きして波で消えるのをキャーキャー言いながら楽しんだり…不要になったプラスチックの容器に砂を入れたり、砂をご飯に見立てておままごとをしたりと、ちょっと進化した砂場遊びも繰り広げられていましたよ。

とにかく、子どもたちは海岸で「思いっきり」遊びました!
この時は、暖かいスープやかまどで焼かれた大きな鯛も堪能!
炊事場は無料で利用できるので、火を起こせるものや食材を持って行けば、BBQもできるのです♪
2-1
秋だというのに海に入る息子。着替え必須!
秋だというのに海に入る息子。着替え必須! 何が楽しいのか、砂を出し入れしています 砂で作ったおかずで、おままごと開始 スープと鯛、パンでランチです 炊事場のかまどで焼かれた鯛の美味しいこと!

インスタ映え間違い無しの景色も堪能!アウトドアにも○

この秋2回目の鹿島は、20度台前半くらいの気温。
さすがに長袖でしたが、この日もぽかぽかの気温で、海岸を散歩するには最適な気候でした♪
以前は島を一周散策でたようです、現在は土砂崩れなどの影響もあり、一部しかできません。

それでも、空と海の青と、木々のグリーンのコントラストが素晴らしい!
これぞインスタ映え!
写真撮りまくってしまいました(笑)

息子はというと、貝殻拾いに夢中!
渦巻き状のものもあれば、しじみやあさりの様な形のもの、見た事の無い透明で美しいグラデーションの光を放つ貝などなど…大人も、海岸中を動き回って貝探しに夢中になりました!(腰痛い…)
最後は、鹿のオブジェに乗ってパシャり。
3-1
波と「おしくらまんじゅう」してます
波と「おしくらまんじゅう」してます 少しの距離ですが周辺散策、インスタ映えの景色に感動! 貝殻拾いに夢中!帰りたくないと泣きました 珍しい貝・綺麗な貝・いろんな貝に出会えました 鹿島と言えばコレ!この後、しっかり顔ハメパネルも堪能
鹿島には、海水浴場以外にも、魅力的なコンテンツがたくさんありました!
まずは、何と言っても「鹿島」の「鹿」ですよね。
鹿島に到着してすぐの鹿舎でたくさんの鹿に会えますし、海岸に向かう道すがら、崖の上でたたずむ鹿達に会える(びっくり!)スポットもあります。

そして、子どもたちが遊べる大型遊具もあり。
今ブームのアウトドアを楽しむにも、綺麗な炊事場やトイレ(かなり重要!)も完備。
我が家もキャンプが趣味なので、次のキャンプシーズンには、鹿島でテントを張ろうと画策しています♪
ちなみに、キャンプ用の荷物を運ぶ場合は、キャリーを貸してもらえるそうです。
そして、鹿島の入り口付近には、昔ながらの雰囲気を醸し出す売店もあり。
松山から船で3分渡るだけで、日常とは一味も二味も違う空間が楽しめました〜
4-1
鹿さんに、こんにちは
鹿さんに、こんにちは 結構大きめの滑り台付き遊具も!何度も何度も遊んでいました 炊事場も二箇所あり、無料で利用できるそう アウトドアを楽しむには、トイレが綺麗な事が必須条件! 昔ながらのレトロな雰囲気の「渡部商店」。手書きの張り紙たくさん
秋の鹿島の海水浴場は、夏とは違った楽しみ方がたくさんありました。
特に、海岸で拾った綺麗な貝殻は、息子の宝物。
一番綺麗な貝殻で、将来私に指輪を作ってくれるそうで…泣けます(泣)

息子、聞いてもないのに帰りの車で「楽しかったなあ〜」とブツブツつぶやいてるな、と思ったら寝落ちしてました(笑)
小さな子どもにとって「思いっきり遊ぶ」という思い出は、将来勉強や仕事を頑張っていく上で、非常に大切な力になるそうです。(3歳半検診で話を聞いた、心理士さんの受け売り…汗)
これからも、休日はこの「思いっきり遊んだ思い出」を増やすために、母は奮闘したいと思います♪
北条鹿島 海水浴場
開催時間/渡船営業時間:7時~21時 ※7月第2土曜日~8月31日:7時~22時
開催場所/北条鹿島 海水浴場(愛媛県松山市北条辻(鹿島))
駐車場/あり 大型0台・普通56台・障害者用1台(大型車の方は要相談)
料金/入場無料
問い合わせ先/松山市観光・国際交流課 TEL.089-948-6556
URL/https://www.city.matsuyama.ehime.jp/kanko/kankoguide/shitestukoen/kashima/kaisuiyoku.html
reported by saya