なかやま栗まつりで新鮮な栗をゲット!

  

Natuorhytym    イマナニ体験レポート

日本一のホクホク栗を頬張る、秋!

こんにちは、Nの人ことNatuorhytymです。先日は今年で32回目を迎える、伊予市の『なかやま栗まつり』に参加してきました。愛媛県は色々な食べ物の産地ですが、実は栗の名産地なんですね。生産量は、なんと全国3位です!江戸時代、中山の栗をお殿様に献上した際に絶賛されたそうで、今でも「献上栗」として有名なのですよ。
1-1
桐箱に入った受賞栗が輝く!この後、オークションにかけられます。
桐箱に入った受賞栗が輝く!この後、オークションにかけられます。 来場客でいっぱいの会場 ゲスト大川栄策さんの歌唱が、山々に響く!
『焼き栗』が凄く美味しくて、長蛇の列ができる…と噂で聞いていたので、さっそく焼き栗をゲットするために並ぶ私。天津甘栗のようなものを想像していたのですが、袋を開けてみると全然違っていました。栗が黄色い!そして熱い!ホコホコ、ねっとりとした食感と自然な甘さが丁度良く、ペロッとお腹に入っちゃいます。熱々で食べる時、皮を剥がす際に、栗が割れたり、皮に着いたままになったりして、ちょっと勿体ない気がしました。次回は小ぶりなステンレス製のスプーンを持参しようと思います!
2-1
実は熱さに耐えて撮影した、焼き栗
実は熱さに耐えて撮影した、焼き栗 この機械で焼き栗を作っています 例年、行列ができる人気商品だそうです。

頑張れチビっこ!栗ひろい

我が家にとってのメインイベントは、『栗ひろい大会』!小学生3年生以下の子どもが対象で、1分以内に何個拾えるかを競う大会です。多い子は、40~50個以上も拾っていました。1組9人が参加し、その中で1位になれば、栗とは別にプレゼントが貰えたようです。拾った栗は、もちろん持ち帰りOK。うちのチビは、よいしょ!よいしょ!と頑張って…、合計で3個拾ったところでタイムアップ。
3-1
おが屑に包まれた栗を、火ばさみで掴む
おが屑に包まれた栗を、火ばさみで掴む 額には豆手ぬぐい、腰には籠という、伝統的な栗拾いの出で立ち みんな、もの凄い速さで栗を拾っていました
たっぷりと入った栗袋を抱えた少年を横目に、3粒入りのビニール袋をジッと見つめるチビ。どうしたものかと思っていたら、ゆで栗の試食配付アナウンスが聞こえてきました!急いで配付所へ向かうと、凄い列ができていました。しかしながら想像以上に回転が速く、すぐにゆで栗を手渡してもらえて、チビもニッコリ。
4-1
ゆで栗がゲットできて、喜ぶチビ
ゆで栗がゲットできて、喜ぶチビ 今回、栗の掴み取りはチビのストライキにより断念しました 中山のイチゴ農家さんによるスムージーはチビに好評
会場内には駐車場が無いので、車でお出かけの際は、シャトルバスで5~10分くらいの場所にある臨時駐車場に停める必要があります。私のリサーチによりますと…お昼頃には、ほぼ全ての臨時駐車場が満車になる様子。我が家はシャトルバスに乗る為、行きは40分、帰りは1時間ほどバス乗り場に並びました。待つのが苦手な小さな子連れのご家族は、子どもの気を引くおもちゃ、飲み物・お菓子、ウチワ(今年は暑かったので)などの調達が必要かもしれません。それらを踏まえ、万全な態勢で、我が家は来年の栗まつりに挑もうと思います!目指せ、未来の栗拾いマスター…!!
第32回なかやま栗まつり
開催日/2019年9月23日(月)
開催時間/10:00~16:00
開催場所/栗の里公園(愛媛県伊予市中山町中山)
駐車場/あり
料金/無料
問い合わせ先/伊予市観光協会 TEL.089-994-5852
URL/info@iyokankou.jp
reported by Natuorhytym