気分は南の島!百貨店に現れたトロピカルな水族館

  

えだまめ    イマナニ体験レポート

「常夏の楽園」フィジーの海と生き物に会いにいく

こんにちは、えだまめです。「いよてつ高島屋」で開催される恒例の夏のイベント、「水族館」に行ってきました。昨年初めて行きましたが、かわいくて色鮮やかな魚たち!ヒトデやナマコにタッチできるプール!ウミガメやサメなど珍しい生物も見られる!何よりとっても涼しい~!と親子でとても楽しめたので、今年も張り切って、親子3人で初日に行ってきました。今年のタイトルは、「2019年夏休みスペシャル「常夏の楽園」フィジーと美しいサンゴ礁の水族館」。南太平洋のフィジー共和国周辺に生息する生物がテーマです。フィジー共和国は日本から南へ約7200キロ、東京の成田国際空港から直行便で約9時間のところにあるサンゴ礁と火山の島。ラグビーファンにはおなじみの国ですね。
1-1
色鮮やかな魚と珊瑚。フィジーの海の浅瀬をイメージした展示。
色鮮やかな魚と珊瑚。フィジーの海の浅瀬をイメージした展示。 上から観察できました。ペッチャンコ! フィジー共和国の説明パネル。333の島々で構成されているそうです。
会場に入ってすぐ、「サンゴ礁の浅瀬」コーナーがありました。水深を浅くした水槽に、サンゴ礁が再現され、数種類の熱帯魚が泳いでいます。横からだけでなく、上から覗くことができ、フィジーの海岸の浅瀬で水遊びをしている気分になれます。(行ったことないけど)そして、美しく鮮やかな魚たちが優雅に泳ぐ水槽のコーナーへ。単に水槽が並んでいるだけではなく、それぞれの魚の解説もあり、まさに水族館。うちの子も含め、映画のキャラクターになっている「クマノミ」や「ナンヨウハギ」はやはり人気のようで、大勢の人が水槽を覗き込んで写真撮影をしていました。水槽の中で気持ちよさそうに泳ぐ魚たちは、本当にカラフル。黄色や青、黒、白、オレンジ…う~ん、トロピカル!南の島!(行ったことないけど)見ているだけで、気分がウキウキしてきます。
2-1
青い魚は、私の好きな「ルリスズメダイ」です。
青い魚は、私の好きな「ルリスズメダイ」です。 映画でおなじみの「クマノミ」。イソギンチャクも動いています。 同じく映画でおなじみの「ナンヨウハギ」。 色鮮やかなサンゴもたくさん。 生物の解説パネルもあります。さすが「水族館」。

子どもの「ドヤ顔」が見られる!?タッチングプール

魚の他にも、ハリセンボンやチンアナゴ、ウツボやカニ、エビ類などの多種多様な珍しい生物が展示されていました。そして、今回のメインのプールにはサメが…!小さい種類でしたが、やはりちょっと怖いです。一方で、直接ヒトデやナマコなどに触れられるタッチングプール周辺では、子どもたちの賑やかな声が響いていました。昨年、タッチングプールを経験している娘。リアクションを楽しみにしていた私の期待を裏切り、慣れた手つきでナマコをつまみ上げていました。隣に居た男の子が「見て、俺、ウニ持てるんで~」とドヤ顔で見せてきました(笑)確かに自慢したい気分になるよね。そして、なんとサメのタッチングプールもありました!係員のお兄さんに「背中をやさしく触ってみてね~」と教えてもらいながら、娘もおそるおそる挑戦。無事にタッチできました。
3-1
ピョコっと体を出す小さくてかわいいチンアナゴ。
ピョコっと体を出す小さくてかわいいチンアナゴ。 サメに食べられた⁉撮影スポットもありました。 タッチングプール。私は苦手な生き物たちがいっぱい(笑) サメにタッチ!感想は「冷たかった」。それは水温では…? サメ専用プール。小さいけど、速く泳いでいてけっこう怖いです。
夜の海をイメージした暗い部屋には、夜行性の魚やエビなどが展示されていました。私が特に気に入ったのは、クラゲ。ゆらゆらと水槽内を漂っています。照明と相まって、とても幻想的。思わず足を止めて見入ってしまいました。そして今年のゲスト(?)はフンボルトペンギン。私たちが見た時はピタッと止まっていました。さすがに水中遊泳が観察できる「とべ動物園」や館内のお散歩がみられる松野町の「おさかな館」とは違いますが、比較的近い距離で、かわいいペンギンを見ることができます。出口付近にはウミガメもいました。
4-1
クラゲの水槽。幻想的で見ていて飽きません。
クラゲの水槽。幻想的で見ていて飽きません。 赤いえび。白い模様が映えます。 大きな殻を背負ったヤドカリ。 フンボルトペンギン。ガラスの近くで休憩中。 ウミガメはかみつくことがあるので、絶対触ってはいけません。
チラシによると、今回はおよそ100種、500匹以上の生物がいるそうです。美しい南の海に行った気分になれる「水族館」。百貨店内の涼しい会場で、たくさんの珍しい海の生き物を楽しめるイベントです。毎日午後4時からはペンギンの食事の様子を観察できるそうです。どのコーナーも写真撮影もOK(フラッシュ禁止のところもあります)なので、絵日記の宿題にも最適です。親子での夏休みの思い出に、気軽に出かけられるおススメイベントです。
2019年夏休みスペシャル「常夏の楽園」フィジーと美しいサンゴ礁の水族館
開催日/7月31日(水)~8月20日(火)
開催時間/午前10時~午後7時30分 (入場は閉場30分前まで)※8月19日は18:00・最終日は17:00閉場
開催場所/いよてつ髙島屋 7階催会場(愛媛県松山市湊町5-1-1)
駐車場/駐車場有り
料金/一般800円、3歳~中学生600円、2歳以下無料
問い合わせ先/いよてつ髙島屋  TEL.089-948-2111
URL/https://iyotetsu-takashimaya.meclib.jp/2019_aquarium/book/index.html#target/page_no=1
reported by えだまめ