歴博で『ダンボールアート遊園地』

  

思い出という名の宝探しに出航だー!

1

この夏、愛媛県歴史文化博物館が、ダンボールでできた体験型の遊園地に大変身!
全長7メートルの海賊船や、巨大なお城の迷路、しまなみ海道をモチーフにしたテトロッコなどのダンボール遊具が登場しています。

特別展と常設展の「共通観覧券」で、1歳くらいの子どもから楽しめる「音と光の体験ブース『Asobeats♪(アソビーツ)』」やテーマ展『昭和・子どもの世界』に入場できますよ。

屋内施設なので、暑さも雨もヘッチャラ!
幼児から大人まで、3世代で丸一日楽しんじゃいましょう!

今回も、ラストでチケットのプレゼント企画があります!
常設展示観覧券+特別展示観覧券がセットになった「共通観覧券」が抽選で当たりますよ。
応募期間が短いので、気になった方は急いでご応募してくださいね!

ダンボールアートの世界

香川県出身のダンボールアートクリエイター、岡村 剛一郎氏。
TVチャンピオンに出演し、準ダンボール王に選ばれた経験のある岡村による、ダンボールアートのオリジナル作品が展示されています。

今回のテーマは、なんと『海賊』!
今年は「しまなみ海道開通20周年記念」ということもあり、瀬戸内海の海賊をイメージした遊園地です。

ダンボールという素材で作られた遊園地、強度的に大丈夫?と思われるかもしれません。
でもご安心を!通常のダンボールより強度のある3層ダンボールを使用しています。

航空機などに使用されているハニカム構造(ハチの巣のような作り)を応用した強化ダンボールなので、梱包だけでなく家具としても使用されることもあるくらい丈夫!
そのため人が乗っても滑っても、もちろん大丈夫なのです。

しまなみ段道をテトロッコで、ぐる~り

ダンボールアート遊園地に一歩踏み入れた正面のアトラクションは「テトロッコ」。

「テトロッコ」とは、手でペダルをクルクルと回して進む、手動の車。
見た目はどちらかというと自転車に似ています。ペダルの位置は、胸や腹の位置。
3歳の幼児でも、軽いこぎ心地でスイスイと進めます。

対象年齢は3歳以上。小学校3年生までは、ヘルメット着用での運行です。
途中、枕木のガタン!ゴトン!という音や振動で、鉄道らしさを身体で感じることができます。

瀬戸内海をイメージした、大きなタイやエビなど、海の生きものの造形も見事!
空にはカモメも飛んでいますよ。
テトロッコをこぐのに必死になりがちですが、ぜひ周りを見渡しながら進んでみてください。

海賊船が歴博にやってきた!

全長7メートルの『海賊船』は、村上水軍も使用していたとされる、戦国時代最強・最大の船、
安宅船(あたけぶね)をイメージ。

安宅船は、室町時代の後期から江戸時代初期にかけて使用されていた軍船です。
常設展の展示室に、ダンボールアートの元になっている模型があるので、ぜひチェックしましょう。

△のオシャレな小窓は、「鎬狭間(しのぎさま)」を再現。
スキマから銃を出して、敵を狙うことができる「軍事設備」です。

屋形には、下へ降りる「隠し階段」が備わっていて、冒険心がくすぐられます。
階段で人知れずひっそりと降りるか?
滑り台でダイナミックに降りるか!?
海賊になりきって、周辺を探索しましょう!

子どもに大人気の『お山の滑り台』は、公園の鉄板。
3歳くらいの子でも安心して登って滑られる高さです。
靴下を履いていたら、シューっと勢いよく滑れて楽しいですよ。

土足禁止の「海ゾーン」には、1人~2人乗りの小舟を模したシーソーが浮かんでいます。
大人が乗っても大丈夫なので、子どもと一緒にユラユラと揺られてみてくださいね。

お城の迷路で宝探し!

瀬戸内海に実際にあった、海賊のお城をイメージした『お城の迷路』。
お城の中には、3つのお宝パネルが隠されています。それらを見つけて、ゴールから脱出できれば任務成功!

中央のお城の中部は少々暗いので、足元には気を付けて。
もし迷ってしまったら、左右にある非常口から脱出することも可能です。
上から大人がのぞき込んでアシストすることもできるので、気軽にチャレンジしてみて。

インスタ映え!カラフルな海の壁とゆるキャラ

無料で誰でも参加できる工作『海の絵』を、ダンボール遊園地の壁に貼ってもらうことができます。
※貼るタイミングや場所は、スタッフにお任せです。
※土・日・祝のみのイベントで、材料がなくなり次第終了します。(8月10日~16日はお休みです)

2階の受付で希望の型を選び、絵を描いたり、好きな色で着色したりしよう!
持ち帰れないので、力作は写真を撮っておきましょうね。

土日祝には、愛媛県内のゆるキャラが遊びにきます。
各キャラクターによって、出現する日が違うので、推しキャラの登場日をチェック!
一緒に記念撮影することができますよ。※カメラはご持参ください。
イマナニで「ゆるキャラ®記念撮影会inダンボールアート遊園地」の情報を見る

夏休みの工作はコレで決まり!

この夏の工作に、日本の海賊船貯金箱はいかが?
コインを入れると、オール(櫂)が上下するギミック付きです。

組み立てて色を塗り、自分だけの海賊船を作っちゃいましょう。
開催期間中の土日祝および8月12日~16日に、材料費500円で参加できます。
午前と午後の計2回開催。
イマナニで「海賊船貯金箱をつくってみよう!」の情報を見る

危機一髪、飛び出すのか!?
ダンボールクリエイターによる「とびだせ!びっくりおもちゃ」のダンボール工作教室が8月24日に開催されます。
参加にはHPからの事前申し込みが必要で、材料費は1,800円。
午前と午後の計2回開催。
※写真のものは、通常販売しているキットです。工作教室で作成するものとは異なりますのでご注意ください。
イマナニで「「とびだせ!びっくりおもちゃ」をつくってみよう!」の情報を見る

音楽とデジタルアートの世界でジャンプ!

Asobeats♪in 歴博@2019ダイジェスト版(約30秒)

共通観覧券で入場できる「Asobeats♪(アソビーツ)」は、音と光で楽しむ『最新のデジタル空間』。
プロジェクションマッピングなどの映像技術と音楽をコラボレーションさせた、身体をめいっぱい使って遊ぶ、体験型アトラクションのコーナーです。

大人気の「大きな魔法のかべ」は、1歳くらいの歩ける子どもさんでも楽しめるコンテンツ。
手や身体を動かすと、キャラクターが舞い上がったり、不思議な模様が描けたりします。
自分の写真を映して飛ばすこともできるので、魔法使い気分が味わえますよ。

床に出現する動物たちを踏むと、足元がパッと光り輝く「動物おいかけっこ」も、1歳くらいの歩ける子どもさんに人気!

動物たちを踏むと、次々に新しいキャラクターが現れます。
あちこち走り回ってたくさん踏んでいくと、床に…おや!?
「何か」が現れますよ!

リズムに合わせてカホンを叩く音ゲーの「カホンDEゲーム」!
童謡のリズムに乗って、上から矢印がどんどん降ってきます。

その映像に合わせて、タイミングよくカホンという楽器を叩いてみましょう!
2名まで同時体験が可能です。高得点を狙うために、協力プレイを楽しんで。

特に人気なのが、自分で色を塗った3Dの車でバトルする「デジタルぬりえサーキット」!

加速して相手に勝つには、エネルギーBOXという箱にボールをたくさん素早く入れるだけ!
大人も思わずムキになってしまう楽しさです。
同時に5名まで対戦が可能!

Asobeats♪は、歩きだした小さな子どもから大人まで、みんなが楽しめますよ。
平日は午後13時からの入場、土日祝は開始時間の30分前から整理券が配布されるのでチェックしてみてください。

アソビーツPDFはこちら(2MB)
イマナニで「アソビーツ」の情報を見る

テーマ展『昭和・子どもの世界』。

今年、年号は「令和」となり、「昭和」は一昔前の時代となりました。

入り口すぐにある、元祖UFOキャッチャーとも言うべき『クレーン型自動菓子販売機』は必見。宇和島で実際に使用されていたものです。
硬貨の投入口には、昭和初期の通貨「一銭(10円の1/10)」とあります。

こちらは、松山の街頭紙芝居屋さんが実際に使っていた『手描きの紙芝居』。
当時、紙芝居の合間に出されていた手描きの「クイズ」も展示してあって、面白いですよ。
全て解けたあなたはスゴイ!

今でも発刊している『少年サンデー』や『少年マガジン』などの創刊号も、一見の価値あり!
創刊雑誌のコレクターに寄託してもらっているので、新品同然の状態が良い品ばかりです。
昔の雑誌の表紙、気になりませんか?

戦前・戦後・高度経済成長期…
昔の子どものおもちゃ、遊びはどんなものだったのか?
ぜひ3世代で訪れて語り合いたい、懐かしい空気が漂うテーマ展です。

親子3世代で楽しめる、夏の歴博!

共通観覧券があれば、無料でスタンプラリーに参加できます。
全て集めて、親子で光るリストバンドをゲットしませんか?
イマナニで「歴博☆夏のスタンプラリー」の情報を見る

『ダンボールアート遊園地』では、乗り物・公園・迷路を楽しんで!
『Asobeats♪』では、光と音を楽しんで!
テーマ展の『昭和・子どもの世界』では、遊びとおもちゃの違いを楽しんで!

この夏の愛媛県歴史文化博物館は、子どもだけでなく、大人も楽しめますよ!
合言葉は、「思い出という名の宝探しに出航だー」!


チケットプレゼントは終了しました。
たくさんの応募ありがととうございました。

抽選でペア15組・30名様に無料入場券をプレゼント!
特別展「ダンボールアート遊園地 – 海賊船が歴博にやってきた! – 」
常設展示観覧券+特別展示観覧券のセット券です。
上記バナーよりご応募下さい。

応募期間:2019年8月1日~8月8日
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

■特別展「ダンボールアート遊園地 – 海賊船が歴博にやってきた! – 」
開催日時:7月13日(土)~9月1日(日)9:00~17:30(入室17:00まで)※8月10日~16日は1時間開館延長
開催場所(施設)名:愛媛県歴史文化博物館
開催住所:愛媛県西予市宇和町卯之町4-11-2
お問い合わせ先:愛媛県歴史文化博物館
お問い合わせTEL:0894-62-6222

特別展「ダンボールアート遊園地 – 海賊船が歴博にやってきた! – 」PDFはこちら(5MB)
イマナニで「特別展「ダンボールアート遊園地 – 海賊船が歴博にやってきた! – 」」の情報を見る

reported by イマナニ編集部 Natuorhytym
イマナニ特集