“からくり”の世界を大冒険

  

愛媛県総合科学博物館で、見て・触って・学ぶ!

1

新居浜市にある『愛媛県総合科学博物館』は、年間20万人を越える来場者が訪れる大人気の施設です。
長期休みのたびに遠方から遊びに行っているという家族も多いのではないでしょうか。

今年の夏も面白い“特別展”が開催されているのですが――まずは「“科博”といえばコレ!」というプラネタリウムと常設展をご紹介したいと思います。

何度訪れても新しい学びがある『愛媛県総合科学博物館』の秘密、お教え致しましょう!

そして!
15組30名さまに『愛媛県総合科学博物館』の常設展示観覧券と特別展示観覧券のセットをプレゼント致します。
応募期間は7月31日(水)~8月8日(木)になっていますので、ご希望のかたはお早めにご応募ください。
応募方法など詳細はページの最後に掲載しています。

科博の常設展は、“常設”ではない!

自然館・科学技術館・産業館の3つに分かれた常設展は、内容が豊富でとってもボリューミー。
“常設”という名がついているものの、毎年新しい展示を追加したり、他では体験できないような科学イベントを行なったりしているのです。

▲お盆期間中の8月14日(水)~18日(日)、13:25と15:25の2回、各回先着70名限定で『超伝導で人体浮上体験』を開催。
巨大超伝導体の上に乗ると、本当に身体が宙に浮かぶのだとか!
ふわふわクルクルの不思議感覚をぜひ体験してみてくださいね。

中でもオススメなのは、地球や生命はどのように誕生し、進化してきたのかをわかりやすく展示している自然館の地球ゾーン。
びっくりするほど大きなティラノサウルスとトリケラトプスの実物大!
動く模型は、『愛媛県総合科学博物館』の象徴ともいえる大迫力の展示物です。

世界最大級のプラネタリウムは迫力満点

ドームスクリーン全体にCGを駆使した大迫力の映像を投影する『愛媛県総合科学博物館』のプラネタリウムは、ドームの直径がなんと30m!
光学式投影機と全天周デジタル映像システムが完全に一体となって制御される“ハイブリッド・プラネタリウム”です。

ドームは世界最大級の大きさなので、宇宙空間に飛び出したかのような体験ができますよ。

現在は『新・恐竜大進撃』『ナットのスペースアドベンチャー』『ムーミン谷のオーロラ』の3本を投影中ですが、8月だけの特別上映作品『攻殻機動隊 新劇場版 VIRTUAL REALITY DIVER』にもご注目!

©士郎正宗・Production I.G / 講談社・「攻殻機動隊 新劇場版」製作委員会

▲ベネチア国際映画祭・シッチェス国際映画祭 正式招待作品!
舞台は、科学技術が急速な発展を遂げた2029年、日本。
脳神経をあらゆる情報ネットワークに直接接続できる“電脳化技術”や、義手・義足のように体の一部をアンドロイド化する“義体化技術”が普及する世界で、日本政府に一通の爆破予告が届く――という大人向けのプログラムになっています。

HPにはそれぞれのプログラムの動画が掲載されているので、チェックしてみてくださいね。
県総合科学博物館 公式HPプラネタリウムはこちら
■プラネタリウム
料金/一般510円、中・小学生および65歳以上260円

今年の夏の特別展をご紹介!

7月13日(土)~9月1日(日)の日程で開催されている特別展『からくりランドの大冒険!!~ゆかいなしかけのおもちゃたち~』。

身近にある様々な機械に組み込まれた“歯車”や“カム”について、体験を通して学ぶことができるこの催し。
スタートから3日間で来場者数3,700人を越えるなど、県内外で話題になっています。

▲出迎えてくれるのは、高橋みのる氏のからくり作品。
木でできた歯車で動いています。

職員さんいわく、木と木が触れ合う優しい音は3階にまで届くそう。
「ちょっと癒されたい気分になったとき、からくり作品を眺めに訪れる」ともおっしゃっていました。
確かにホッとする音…。
会場全体が懐かしい木の香りに包まれているので、日常生活に疲れた大人にもオススメです。

自分の手でからくりのおもちゃに触れて、しくみを学ぼう

▲高橋氏の作品は全部で49点、展示されています。

▲左の作品は『コレット』。
右の作品『かんぱ~い2』は、“カム”というメカでタイミングを制御しているので、ジョッキで乾杯をしてからウサギが口を開けるという動作を繰り返します。

触れることができる作品もたくさん展示されているので、自分の手でレバーを回し、どのように機械が動いているのかを確認してみてください。

▲お兄さん・お姉さん向けに、機械が動くしくみを詳しく解説しているコーナーもあります。
自由研究の題材にもなりそうですね~。

運良く職員さんと出会えたら、詳しく説明してもらえるかも…?

▲「まだ歯車のしくみなんてわからないよ~」という、小さなお子様は体験コーナー『ぐるぐる工房』へどうぞ。
ダンボールでできた大小の歯車を自由に組み合わせ、ゆっくりと動かすだけで、自然と“カム”や“ベアリング”といった動きが学べます。
遊びながらおもちゃが動くしくみを勉強できるのは嬉しいですね。

「子どものために」といいながら、子どもより夢中になって、壁一面に大きなしかけを作っているパパ&ママがたくさん出没しそうな予感がします。

▲男心をくすぐるエンジンの仕組みを楽しんだり、見たことがない不思議&お洒落なカタチをしたハンドスピナーで遊んだりすることができるコーナーも。

▲そうそう。ハンドスピナーはエントランスにて、釣り竿で釣ることができます。
制限時間内に釣りあげたものの中から1個持って帰ることができるので、ぜひ大物にチャレンジしてみてください。

開催期間/会期中毎日
開催時間/10:00~11:45 13:00~16:00(8月10日~12日は16:30まで)
料金/200円(特別展観覧券ご提示の方は150円)
※各日先着100名

アプリ体験コーナーにみんな夢中!

タブレット上でしかけを作り、動かすことができるアプリ『ピタゴラン』をご存じでしょうか。

自宅で無料ダウンロードすることもできますが、『からくりランドの大冒険』のアプリ体験コーナーには大型のタブレットが壁に設置されています。

▲しかけの数は100個以上!
タブレットの画面をなぞるだけなので、年齢問わず楽しむことができます。

▲大型タブレットのほかにも、体験コーナーには数台のタブレットを設置。
兄弟や友達同士で話し合いながら大きなしかけを作るも良し!
ひとりで黙々とからくりの世界に没頭するも良し!

巨大なゲーム盤『コログラッド』に挑戦

▲『コログラッド』は、障害物やトラップを上手に避け、木球をゴールまで運ぶゲームです。
2分という時間制限が設けられているのでハラハラドキドキ!
“本日の最高記録”も表示されるので、間違いなく子どもの闘争心に火が付きます。

▲プロジェクションマッピングがゲーム盤を美しく演出する様も要チェック。
宇宙・森・深海の3パターンがあり、どのステージも見応えがあります。

7人の作家による、からくり作品を楽しもう

高橋みのる氏のほかにも、たくさんのからくり作家やペーパーエンジニアが同企画に作品を出展しています。
どの作品も「おぉ~」と驚くものばかりなのですが、今回は私の琴線に触れた展示を3点ご紹介したいと思います。

▲ばんばよしひろ氏『かくれんぼ』
レバーを回すと、バーのカウンター越しに貧乏神と死神がかくれんぼ。
シュールでカッコイイ!

▲ハンドルを回したら、ハートや四角が正体不明の模型に。
6回まわすと元に戻るという驚きのしかけは、中村開己氏の作品。
うしろの大きな顔面模型も、同じしくみになっているのだとか。
凄い!

▲優しいペーパークラフトは坂啓典氏の作品。
『ペンギンの見果てぬ夢』『ロボット行進曲』など、それぞれの作品に素敵なタイトルがつけられているところにも注目です。

▲ペーパークラフトの世界に魅せられた人は、ミュージアムショップへGO!
自分で作成できるキット(600円~)が販売されていますが、難易度はちょっと高めのよう。
小学4年生くらいからひとりで完成できるかな…? というレベルなので、間違いなく作り甲斐はありますよ。

作って遊べるワークショップも充実

▲特別展のほかにも、UVレジンで歯車アクセサリーを作ったり、モーター動力のペガサスや貯金箱ロボットを作ったり…と、様々な催しを開催しています。
詳細や日時はチラシにてご確認ください。
『からくりランドの大冒険!!~ゆかいなしかけのおもちゃたち~』チラシはこちら

たくさん遊んだあとは、食堂でお腹も満たそう

プラネタリウムや常設展、特別展。
どれも楽しくて夢中になってしまうけれど、結構頭を使うので…お腹が空くんですよね~。

『愛媛県総合科学博物館』のレストランには、さっぱりとした夏限定メニューが登場!
軽食やアイスもあるので、待ち時間の利用にもオススメです。

メニュPDFはこちら(4MB)

人気のあるメニューを尋ねたところ、『三元豚カツ定食』『ハンバーグランチ』『ハヤシライス』『ビーコメンチカツカレー』『お子様カレー』とのこと。
9月31日までの期間限定メニューで人気なのは、冷たい『担々麺』と『冷やしうどん』です。

頭と心だけでなく、お腹も満たして帰ってくださいね!

最後に

今回は『愛媛県総合科学博物館』をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

――とはいえ、特別展も一部しかご紹介できていません。
常設展やワークショップ、プチ科学工作コーナーなども、催しが充実&盛りだくさんすぎて、すべてをご紹介しきれません~!

これはもう、ご自身で訪れて面白さを体験してもらうしかありません。

25周年を迎え、さらにパワーアップするとの情報もお聞きしたので、これからも目を離せない注目スポットなのは間違いなし。
楽しい夏休みのプランに、『愛媛県総合科学博物館』の『からくりランドの大冒険』を追加してくださいね。

■愛媛県総合科学博物館
住所/新居浜市大生院2133-2
お問い合わせ/0897-40-4100
開館時間/9:00~17:30(展示室への入場は~17:00)
休館日/夏休み期間中は無休
料金/常設展示室は一般510円、65歳以上260円、中学生以下無料
特別展は一般700円、65歳以上600円、中・小学生400円
常設展と特別展のセット券は一般1,000円、65歳以上700円、中・小学生400円(20名以上で各団割引適応)


チケットプレゼントは終了しました。
たくさんの応募ありがととうございました。

抽選でペア15組・30名様に無料入場券をプレゼント!
特別展『からくりランドの大冒険!!~ゆかいなしかけのおもちゃたち~』
常設展示観覧券+特別展示観覧券のセット券です。
上記のバナーからご応募ください。

応募期間:2019年7月31日~8月8日
当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

reported by イマナニ編集部 みほ
イマナニ特集