第26回 市民ミュージカル

  

今年の演目はアラジンと魔法のランプ~魔法の力で願いを叶えて差し上げましょう!~



カーテンコールが鳴り止まなかったという第1回公演『オズの魔法使い~虹の彼方へ~』から早26年。
市民に愛され続ける松山市民ミュージカル、第26回公演の演目は『アラジンと魔法のランプ~魔法の力で願いを叶えて差し上げましょう!~』に決定しました。

アラジンと魔法のランプの詳細をお届けする前に、25回という節目の年を迎えた昨年度の様子をご紹介したいと思います。
市民ミュージカルと侮るなかれ! 本格的なステージに驚くこと間違いなし!
無料招待券プレゼントも最後にご紹介しています。
ご応募お待ちしています。

来場者10万人達成の快挙

第25回公演『雪の女王~氷結晶の鏡が砕け散って~』は、アンデルセンの童話『雪の女王』をアレンジ。
取材で「120%楽しんでいただけるような舞台にします。」との意気込みを語ってくださった主演・坂本あかりさんの言葉のとおり、笑いと感動が溢れるステージとなりました。
昨年2018開催『7月開演!ミュージカル「雪の女王」』の特集はコチラ


▲第2回公演時、累計観客数10万人を達成!


▲ステージの上だけでなく、客席にまでキャストが登場。
観客も含め、ひとつの物語ができあがるような――、そんな一体感を味わえる市民ミュージカルには、長年のファンも多いのだとか。


出演者の演技力やダンスはもちろんのこと、衣装や音楽、照明にも手抜きは一切ナシ。
華やかなミュージカルの世界、一度見るとハマっちゃいますよ。

お待たせしました! 今年の演目『アラジンと魔法のランプ』をご紹介

7月14日(日)、15日(月・祝)の日程で公演される『アラジンと魔法のランプ~魔法の力で願いを叶えて差し上げましょう!~』。

舞台は砂漠に囲まれた神秘と魅惑の都・アグラバー。
ランプの精・ジミーの魔法で王子さまに変身したアラジンと、王女ジェニファーの恋が繰り広げられます。
恋愛だけでなく、ランプを巡る戦いにもご注目!
目が離せない怒濤の展開に、ハラハラドキドキ必須ですよ。

今年の参加者は153名

2月、『松山市総合コミュニティセンター』に224名の出演希望者が集いました。
演技・歌唱・ダンスのオーディションを経て選ばれたのは、小学1年生から69歳までの153名。

練習は、基本的に週2日行なわれています。


▲全員で発声練習をした後、シナリオの変更点を確認。


▲ステージでの動きを聞く演者の皆さん、表情も姿勢も真剣でした!

それもそのはず。
第1回公演『オズの魔法使い~虹の彼方へ~』のときから、脚本・演出・振付・作詞を手がけている森田康二さんは、東京でプロの演出家として活躍されていました。
現在はジャズダンススタジオ・劇団S.A.Dの代表を務めています。

演出家・森田さんの指導力が凄い!


▲昨年度、松山市文化振興への貢献を認められ、『きらめき松山市民賞』を受賞された森田さん。

ポリシーは「真剣勝負!」
市民ミュージカルは毎回、出演者が変わるので「裏表のない指導を心がけている」とのこと。

「愛媛県には大型テーマパークがないので、テーマパークに行った気分でミュージカルを楽しんでもらえたら」と満面の笑顔で語ってくださいました。

練習風景を拝見していると、「ケガをしないようにね」「水分をちゃんと取って」「わからないところは周りが助ける! 補う!!」との指導ぶりが素晴らしい。
また厳しいだけでなく、新喜劇のような笑いも随所に散らばっていました。

帰るころには来年度のオーディションに想いを馳せている自分がいたのは――ここだけの話。

最多出演者に聞く、市民ミュージカルの魅力

ダンス教室の友人に誘われたのがきかっけで出演し、それ以来、19回連続で出演されている林あかねさんは、森田さんについて「何度参加しても新しい発見がある!」と絶賛。

――厳しさ、面白さ、演出の多様性。
市民ミュージカルが県民に支持され、26回も続いている理由のひとつではないでしょうか。


▲数枚撮った写真の中で「コレが私らしい!」と自らチョイスしてくださったショット。
明るく気さくな林さんは、みんなのお姉さん的存在。
普段はグラフィックデザイナーをされているそうです。

『アラジンと魔法のランプ』では、悪役の占い師・バーナルを演じています。
「見に来てくださった子ども達を、本気で驚かせたり、泣かせたりするつもりです!」とのことなので、覚悟を決めて見に行きましょう(笑)。

17歳の『アラジン』が27歳になって帰ってきた!

市民ミュージカルで『アラジンと魔法のランプ』を公演するのは、なんと3回目!!
主役・アラジンを演じる玉井照重さんは、10年前にもアラジンを演じています。


▲笑顔が素敵! 普段は会社員をされています。

10年前と今回、同じ役で主演に選ばれたことについて伺うと、「成長した姿を見せたい!」と爽やかに話してくれた玉井さん。

どうやら手応え十分といった感じ。
小道具の扱い方も慣れていて、とっても頼もしかったです。

また、「自分たちのステージを見て、『来年は自分も挑戦したい』と思ってもらえたら」とも。
市民ミュージカルの門は広いので、老若男女問わず挑戦が可能です。
来年、ステージの中央に立っているのはアナタかもしれませんよ…?

プリンセスは可愛い女子大生

▲ジェニファー役の門田茉優さん(左)&和氣祐香さん(右)は、2人とも現役の大学生!
門田さんは10歳のとき、第16回公演『セーラ リトルプリセンス~女の子は生まれたときからお姫様!~』で主演を演じています。
10歳で主演…凄いですよね。

前回と今回、「なにか違うところはありますか? 」と尋ねると、「大人になったからこそ見える景色があって新鮮」とのこと。

和氣さんも小学6年生のときから市民ミュージカルに参加しています。
途中、受験や部活で参加できない年があったものの、再びこの場所に戻ってきたのだとか。
「仲間たちと久しぶりに会えて嬉しかった」と話してくれました。

門田さん、和氣さん共に「真面目にやるところはやる!」と意気込んでくれたのですが、柔らかい雰囲気が可愛らしい~(笑)。
けれど有言実行! 練習中は表情もキリッとし、声もハキハキ通っていて凄い。
本番のステージがますます楽しみになりました。

『アラジンと魔法のランプ』について

7月14日(日)、15日(月・祝)、松山市総合コミュニティーセンター・キャメリアホールにて上演!
[上演時間]午前の部 10:00開場/10:30開演 午後の部 14:30開場/15:00開演(上演時間は2時間30分を予定)
[料金]一般1,800円/高校生以下1,000円(全席自由)
[チケット販売]松山市総合コミュニティーセンター総合管理事務所、いよてつ髙島屋、フジグラン松山
[お問い合わせ]コミュニティーセンター事業振興課(TEL.089-909-6154)
公益財団法人 松山市文化・スポーツ振興財団 公式HPへ
市民ミュージカル 公式HPへ
イマナニで「松山市総合コミュニティセンター」の情報を見る
イマナニで「第26回 市民ミュージカル「アラジンと魔法のランプ~魔法の力で願いを叶えて差し上げましょう!~」」の情報を見る
※当日は駐車場の混雑が予想されるので、ご来場はできるだけ公共の交通機関をご利用ください。

抽選でペア5組・10名様に無料招待券をプレゼント!
※7月14日(日)午後公演分に限らせて頂きます。
上記バナーよりご応募ください。

応募期間:2019年6月13日~6月27日
当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

reported by イマナニ編集部 みほ
イマナニ特集