松山城 in キッズ!

  

グルッタ    イマナニ体験レポート

桜満開!笑顔全開!

こんにちはグルッタです。皆さん今年のお花見は楽しみましたか?我が家では今頃ですが、PS4・マインクラフトがファミリーブームでして、クリエイティブモードで小4長男が城づくりに励んでいる関係からお花見を兼ねて松山城に見参する運びとなりました。現物を見て参考にしたいとのこと。かなりハマっていますな。恐るべしマインクラフト。でも…我が家のチビは飽きやすいし、興味が無いと露骨に帰りたいコールになるので、松山城がマッチするのか一抹の不安は感じつつお出掛けです。現地に到着すると「松山春まつり」が開催中で、大名武者行列に遭遇!その関係で松山城の入り口にあたるロープウェー街は、かなり盛り上がっています。一通り楽しんだ後は、いよいよ松山城へ。長男は一人乗りリフトで、次男は残念ながら皆とロープウェイで。ちょっぴり残念そう。(小学生以下はリフト不可。)
00
快晴で桜も満開!言うことなしです。
快晴で桜も満開!言うことなしです。 かな~りの迫力。漢!って感じです。 女性の方も凛々しい。 やはりお姫様は華がありますね。笑顔がステキです。 松山城まではロープウェイ&リフトで上がりました。(徒歩も可)
長者ヶ平から天守入口へ向かいます。いや~ぁ、ホントにスゴイ桜の数。桜咲き乱れで素晴らしい!人もスゴイ。敷物持参でお弁当を広げている方も大勢いらっしゃいます。城と桜を眺めてお酒と肴…羨ましい。花より団子のチビたちも、さすがにこの風景に影響を受けているようでウキウキしている感じ。この華やかな雰囲気は、桜の成せる業なんでしょうね。春って空気感が満載です。改めて松山城ってこんなに桜が多かったことを知りました。地元松山市民のはずですが、身近で知らない事って多くあることを実感。天守入口から中に入ると人も減りやや落ち着いた感じに。
2-1
予想以上に桜がたくさん。
予想以上に桜がたくさん。 こうした眺めも心和みます。 城と桜…最高のマッチングですね。 じゃ~ん。天守へ。 上がっていくと城下町って実感します。

意外とキッズ楽しめます!

天守入口を過ぎるとまず、チビが興味津々だったのが、「攻略 松山城」スマホ用アプリです。AR機能もあってお蔭で天守までの道のりを飽きずに楽しく登れました。(スマホが壊されないかヒヤヒヤでしたが。)他にも子供が楽しめるポイントが幾つもあったのですが、先にクライマックスを紹介。甲冑装着体験!正直、こんなコーナーがあるとは全く知りませんでした。嫌がる気配もなく、むしろヤル気満々。何故かツレも盛り上がっており、説明に従い装着開始!持ってみるとズッシリ感あります。オモチャっぽさは皆無ですね。一式身につけるとなかなかカッコイイです。(親バカ)家紋の前で記念撮影する時なんてイイ表情。
3-1
甲冑装着手順が分かりやすくて意外と簡単でした。
甲冑装着手順が分かりやすくて意外と簡単でした。 なかなか本格的な感じで素敵です。 装着は下から順番に進めて行きます。 満足げな長男。赤い彗星…だそうです。 普段、落ち着かない次男も貫禄あり。(甲冑が重いだけかも。)
他にも子供目線でレポートすると、博物館的なモノは興味ナシでしたが、さりげない配慮で所々楽しんでおり、例えば本物の刀を持つ重さ体験や火縄銃体験で実際に火縄銃を狭間に構えたり、双眼鏡で遠くを眺めたり、急な階段を大騒ぎして登ったり、スタンプを押しまくったり、最後は「楽しかった!来て良かった!」と年長次男から満点の笑顔をもらえ一安心。
4-1
なんでこんなにもスタンプが好きなのか不思議です。
なんでこんなにもスタンプが好きなのか不思議です。 刀の重さ体験。やはり重量感あります。 やっぱり好きなんですよね~双眼鏡。 長男は最後まで見たかったみたい。 天守からの見下ろし感は魅力的です。
日本の三大平山城の一つである松山城。本丸だけでなく二ノ丸、三の丸がそのまま現存しているだけあって観光地としても見ごたえのあるスケールですね。身近過ぎて今まで数回しか訪れることが無かったのですが、この桜景色を見て勿体ない気持ちにもなり、改めて地元の良さを感じる1日になりました。来年はお弁当を用意して訪れたいです。4月15日(月)18:00~20:50までは松山城山頂本丸広場の桜を夜間ライトアップしているそうです。昨日の雨で桜が心配ですが、お時間のある方は今週末にでも是非!ちなみに長男のマインクラフトですが、お城の作りがレベルアップしています。やはり本物を目にすることは大切ですね。
松山城
開催時間/9:00~17:00(16:30札止め)
開催場所/松山城(愛媛県松山市丸之内)
駐車場/あり 大型8台・普通20台(喜与町駐車場)
料金/天守:大人510円 二之丸史跡庭園:大人200円
問い合わせ先/松山城総合事務所 TEL.089-921-4873
URL/http://www.matsuyamajo.jp/
reported by グルッタ