君はもう探した?『こびとづかん』のコビトを愛媛県歴史文化博物館で発見!

  

インパクトが癖になる!特別展「なばたとしたか こびとづかんの世界展」

1

みなさんは、コビトを探したことがありますか?
突然、冷蔵庫が「ヴン…」という低い音を鳴らしたり、テレビから「ピシッ」という音がしたり…

それって、ひょっとしてコビトの仕業なのかも…??

そんな不思議なコビトの気配に最初に気付いた、とある『こびと研究家』が1冊の絵本を刊行。
後に、子どもたちの間で『こびと探し』の遊びが大流行したのでした。

愛媛県歴史文化博物館(歴博)では、絵本「こびとづかん」出版15周年を記念し、特別展「なばたとしたか こびとづかんの世界展」を開催中です。

なかなか姿を現さないけれども、どこにでも隠れている不思議なコビトたち…
な、なんと!今回は、常設展の中にもコビトたちがひっそりと身を潜めているのです!

ここでは、そんな見所が満載の「なばたとしたか こびとづかんの世界」の一部をご紹介。
ラストでは、抽選でチケットのプレゼントもありますので、お見逃しなく!

なばたとしたかの絵本「こびとづかん」

「こびとづかん」という絵本は、『こびと研究家 なばた としたか』によって、2006年に刊行されました。

その2年後に刊行された、コビト観察のガイド本『こびと大百科』が大ヒット!
子どもだけでなく、大人までもが野山での「こびと探し」に夢中になるという一大ブームを巻き起こしたのです。

2020年11月に刊行された『日本のこびと大全 山や森林編』を含めたシリーズ10冊は、累計282万部を超える人気作品に成長しました。

ちなみに、コビトは未発表のものを含めると300種以上が発見されています。

絵本「こびとづかん」の冒頭で、主人公の「ぼく」は、昆虫でも植物でもない不思議な生き物「コビト」を見つけました。

仙人のようなヴィジュアルをしている物知りな「じぃじ」に、「それはコビトだ」と教わるぼく。

じぃじに「こびとづかん」を借りて、ぼくは愛犬と一緒にコビトを探しに出かけたのでした。

ちなみに今回の展示会では、じぃじに借りた「こびとづかん」そっくりな図鑑を、手づくりすることができます。

詳細は、後ほどお伝えしますね。

特別展「なばたとしたか こびとづかんの世界展」の構成

特別展「なばたとしたか こびとづかんの世界展」では、絵本「こびとづかん」「みんなのこびと」「こびと桃がたり」のストーリー原画、作者自作のフィギュア、ラフ画などの貴重な資料、作者のこれまでの仕事の足跡などを鑑賞することができます。

一つ一つ、ゆっくりと見ていきましょう。

見所「ストーリー原画」

ストーリー原画ゾーンでは、絵本「こびとづかん」「みんなのこびと」「こびと桃がたり」の原画が展示されています。

色鮮やかな原画と共に、今一度ストーリーを追う事ができるため、こびとづかんシリーズを一切知らない方であっても楽しめるのです。

青や黄色・緑といった壁の色で、作品の切り替わりが分かりますよ。
力強い筆のタッチや、色使いをじっくりご覧ください。

そしてファン必見!
絵本に掲載されなかった、レアな原画も公開されているので要チェックです。

見所「作者お手製のフィギュア」

作者自作のフィギュアゾーンでは、「コビトの剥製」フィギュアからコビトの立体的な姿を観察する事ができます。

色々な素材を使って作られている、このフィギュア。
学芸員の宇都宮さん曰く「意外と軽い!」とのこと。

たくさんのコビトの中から、ぜひ好きなコビトを見つけてみてくださいね。

見所「貴重な原画の数々」

このコビトたちは、どうしてこんなにリアルなのか…!?
それは、作者が長年に渡ってコビトを観察してきた、膨大な資料があるから!

ここでは、コビトたちの生態を観察した原画の数々、そして世に出る前の出版社に持ち込んだ「こびとづかん」プロトタイプの小冊子など、貴重な資料が展示されています。

絵本「こびと桃がたり」を描き始める前に作者が作ったコンテ画もあり、編集者との打ち合わせで内容が変化している様子もみられます。

歩みを進めると、後の展示でどう変更されたのか、その内容が分かりますよ。
ぜひじっくりと観て、覚えておいてくださいね。

見所「繊細に描かれる背景」

「こびとづかん」シリーズ最大の魅力の一つは、なんといっても作者の画力の高さ。

一見、ギョッとするようなヴィジュアルのコビトの、その背景にもご注目ください。

毛の一本一本まで、細部にわたって描かれる動物や植物たち…
作者の観察眼の高さと、描写する技術力の高さに驚かされますよ。

見所「コビトなりきり!顔出しパネル」

今回の展示には、子どもも大人も大好きな「顔出しパネル」があります。

それも、合計5ヶ所!
顔出しパネルに関しては撮影OKなので、記念にコビトになって撮影しちゃいましょう。

ポイントは、顔をグッと前に出してはめ込むこと!
そうすることで、より「コビト感」が強くなりますよ。

個性的な一枚が撮れたら、スマホの待ち受け画面にいかがですか?

撮影の前後で、パネルそのものにも注目してみてください。
ちょっとボコボコした質感と筆のタッチが見られます。

なんとこのパネル、こびとづかん展のために描きおろされた、作者の直筆なのです!
直筆パネルでコビトになって写真が撮れるなんて…、ファンにとっては溜まりませんね!

見所「昭和の日常に馴染む、コビトたち」

歴博ならではの面白い仕掛けが、第一展示室ラストにある舞台セット。

歴博の収蔵品を使って、昭和レトロなお部屋を表現しました。
枝豆の中に潜む「ナツノツマミ」など、思わずクスッとしてしまいます。

昭和の日常に溶け込んだコビトたちが何人居るのか、数えてみましょう。

舞台セットで見られる、愛媛らしいコビト「ミカンキツケ」。

今回の「こびとづかんの世界展」の観覧者に、先着でプレゼントされる缶バッチのコビトなので、要チェックです。
※プレゼントは無くなり次第終了なので、お早めに!

見所「コビト捕獲の指南動画」

第一展示室のラストでは、コビトの探し方をレクチャーする動画も公開中です。

コビトの習性を知り尽くして作られる罠と、それに引っかかるコビトたち。
とても面白い動画なので、大人も子どもも足を止めて、いつまででも観ていられます。

観終わる頃には、捕獲用の罠を作ってみたくなるかもしれません。

見所「作者の歴史を辿る貴重な絵画」

20代前半、作者が「イラストで生活していきたい」と思っていた頃に描かれた絵画も多数展示されています。

作者自身も「(その頃は)もの凄い焦りや苛立ちがあった」とコメントしているように、今の明るい作風とは一味違う、やや混沌めいた構図や独特な色使いが印象的。

「今ではもう描けない絵」とのことですので、大変貴重なファン必見の絵画です。

期間限定のミュージアムショップもチェック!

期間限定のミュージアムショップでは、絵本「こびとづかん」シリーズのグッズを販売中!

人気が高く、書店でなかなか入手できない「日本のこびと大全」なども、ここには並んでいます。
特別展に入る前に図鑑を入手しておくと、より展示を楽しめるかもしれませんよ!

こびと発見手帳を片手にスタンプラリー

特別展を観覧される方には、入り口で「こびと発見手帳」のスタンプ用紙が配られます。

このこびと発見手帳を折ると…
ほら!じぃじの図鑑とそっくりでしょう?

常設展を観覧しながら、各所に隠れたコビトを探し、スタンプを集めます。

コビトの気配を感じたら、注意深く観察してみてくださいね。
「えっ、こんなところにも!?」という場所にも、コビトは潜んでいますよ!

愛媛でしか観られないコビト、発見!?

展覧会の開催を記念して、愛媛県に居たら面白い『えひめにいてほしい!コビト』の案も募集中!

こびと研究家・なばたとしたかさんと歴博こびと研究室が優秀作品を選定し、入賞作品は歴博のHPで発表・掲載されますよ。
応募作品は随時、館内に掲示されるので、ふるってご応募くださいね。

■ 応募期間
第1弾:4月29日(金)着
第2弾:5月13日(金)着
第3弾:5月27日(金)着

土日限定!ワークショップ

こびとづかんの世界展オリジナルサコッシュをつくろう!

A4用紙やペットボトルなどが入るサイズのサコッシュです。
材料代 700円(友の会会員割引なし)。

コビトのウォータードームをつくろう!
材料代 400円(友の会会員は300円)。

どちらも、4月16日(土)~6月5日(日)の土曜日・日曜日・祝日の10:00~11:30/13:00~15:30に開催。当日参加OKです。
※各ワークショップは材料が無くなり次第終了します。
※各ワークショップの友の会会員割引は期間中1回のみ有効です。

イマナニ読者限定!無料入場券をプレゼント

なんだか、すぐそばにコビトが居る…そんな気がしてきましたね。
…ほら!
あなたの後ろにも、不思議なコビトの気配がしていますよ。

この春は歴博で、コビトを身近に感じてみませんか?

抽選でペア15組・30名様に無料入場券をプレゼント!
特別展「なばたとしたか こびとづかんの世界展」
常設展+特別展の両展示を全てご覧になれるチケットです。

チケット希望の方はこちらから

応募期間:2022年4月27日~5月14日
当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

■ 特別展「なばたとしたか こびとづかんの世界展」
開催期間/開催中~6月5日(日)
開館時間/9:00~17:30(入館は17:00まで)
開催期間中の休館日/5月6日(金)、5月9日(月)、5月16日(月)、5月23日(月)、5月30日(月)
観覧料/
特別展観覧料…大人1000円(800円)、65歳以上600円(480円)、小中学生500円(400円)
※( )内は20名以上の団体料金

愛媛県歴史文化博物館 公式HPはこちら
イマナニで「愛媛県歴史文化博物館」の情報を見る
イマナニで「特別展「なばたとしたか こびとづかんの世界展」」の情報を見る


reported by イマナニ編集部 Natuorhytym
イマナニ特集