えひめ釣りガールVol.8 面河川支流 黒藤川・初めての川釣りとデイキャンプ

  

雨にも負けず!第2弾!!初心者釣りガールがゆく!!

00

みなさんこんにちは!
釣り初心者のセイです。

釣り初心者なのに、川釣りに行きたい!!
思い立ったら即行動です。

今回は、山に囲まれたキレイな渓谷での釣りと、デイキャンプを楽しんできました。
大好きな釣りとキャンプを同時に楽しめるなんて最高すぎる!
そんな贅沢な一日を、まるっとお届けします!

道中の景色も最高!

久万川の美川大橋を渡ります。

有名な美川の御三戸の「軍艦岩」

大自然感が半端ないですね!

山の中の渓谷と田園風景がとてもきれいです。

道中の景色も最高!

御三戸を過ぎて少し走ると、今日の釣り場に到着!

雨続きだったため絶賛激流増水中ですが、水は透き通ってきれいです!
釣りというより…ラフティングが出来そうな状態ですね。笑

この橋の手前をキャンプ地、この橋を渡ったとこを釣り地としました。

上浮穴郡久万高原町黒藤川1046付近となります。

アキさん、山西くん。
今回もお世話になります。

トカゲとサワガニが出迎えてくれました。
このサワガニは美味しいとの事で、山西くんが大興奮!

あ!トカゲはもちろん逃がしましたよ~

初めての川釣りスタートです!

まずは大切なお話。

河川で釣りを楽しむ場合はこの遊漁券を携行することが必要です。
遊漁券を買わずに、無許可で釣りを行うと密漁になります。
ルールを守って楽しく釣りを楽しみましょう!

私は、「釣り具のフレンド 松山店」で発行して頂きました。
初めての方は、ご近所の釣具屋さんに相談してみてくださいね!
イマナニで「釣り具のフレンド 松山店」の情報を見る

これが何だかわかりますか?
憧れ!着てみたかった!!

ウェーダーです!
嬉しいが前面に出てますね~笑

山や川は、アブやブヨや蚊が沢山いるので肌を出さない対策が必要です。

3人とも準備完了!釣る気マンマン!!
ウェーダーの中が暑くて、早く冷たい川の中に入りたいって思っていたのは内緒です。笑

では!川に向かいま~す!

雨上がりの急斜面。
コケでツルツルするので全神経集中!

無事ミッション成功です!
まだ始まってもないですが。笑

なにやら、達人2人が作戦会議してます。

エサは「ぶどう虫」
う~ん…。
さ、さわれない。

アキさんに毎度のことですが、お手間かけてます。
この様に、頭から引っ掛けるそうです。

まずは、アキさんが手本を見せてくれました。
なんと!!!
一投目でHIT!!

良いサイズのアマゴです!
さすが達人!!

さっそく私も。
ミャク釣り初体験。
竿が5メートルほどあって、リールがないので目当ての所に投げるのが難しい!

あと、初心者泣かせの木。
周りに木が生い茂っているので、何度も引っ掛けそうになりました。

そんな私を温かい目で見守ってくれる達人2人。
神ですか?

(アキさん)今、当たったよ!
(私)え!?全然わからん~
こんな感じで、初心者の私には当たりの感覚がなかなか掴めない。

そして、なんと!
三投目で釣れたーーーー!!!!

かわいいサイズのアマゴGETです。

当たった感覚は何となく…が正直なところ。
でも、釣れたには変わりない。
嬉しすぎる~

幸先よし!
気合十分です!!

今回の釣り情報
竿は5~6メートル、糸0.6号、オモリB~3B、あまご針7~5号、エサはぶどう虫とミミズ、ミャク釣り。
雨降り後でしたが、川のコンディションは良好!

山西くんは岩の上からフィッシングスタイル。

岩陰に潜んだ魚を狙っているようです。

はい!釣れましたー!
安定の達人技。

この上にある橋。
私にとっては難関でした。

竿を振ったら…エサが橋にバシバシ当たるのです。
アキさんは、目が点になってました。笑

とにかく気を付けながら、投げる。
この時の一番重要な課題!

そんなこんなを繰り返しながら
アマゴやウグイがどんどん釣れます!

当たりの感覚もしっかり掴んできました。

小さいサイズはリリースします。

深いところもどんどん入ります。
ただ、川でウェーダーの中に水が入ると危険です。
かなり重くなるそう。

この日は激流だったので、そうなると大変!!
慌てずに、ウェーダーを脱ぐ。
危険と隣り合わせなのもしっかりと知っておくことが必要ですね。

さてさて、山西くんは橋の上に移動です。

橋の上からポイントに落として釣るスタイル。

どこからでも釣ってしまう山西くん。
すごいな~

良いサイズのアマゴです。
キレイな模様!!

場所変えしまーす!

同じところでは魚が警戒して釣れなくなる為、移動!
岩や崖もどんどん進みます。

3人集結!!!

川の流れが速いので、足がすくわれそうになって…
必死で踏ん張ってます。笑

この激流!!
ここまで行った自分を褒めたい。笑

なんとなく釣るスタイルがサマになってきました。
数時間前の自分と全然違います!

当たりを逃しても、あきらめない事が大事。

魚って、追いかけてくるんですね!!
追いかける姿も見えるんですよー!

もう一回掛かった時の嬉しさは何とも言えない。

サポートしてくれるアキさんに感謝です。

お!ええとこ投げるやん!!
と、褒められました。

褒められて伸びるタイプです。笑

大自然の中での釣りって本当に楽しすぎる!!
マイナスイオン吸いすぎ注意です。笑

山と川と達人のコラボ。

かわいいサイズのこの子はリリースですね。

絶景の中にポツンと達人アキさん。
この時点で…かなり雨が降り出しました。

雨が心地よい夏。
前回の釣りも雨でした。(釣りガールvol.6)
私は雨女でしょうか…笑

釣りの成果。
小さいのはリリースしたけど、3人で20匹くらい釣れました!

ではでは、お楽しみの焚き火と昼食の時間へ

キャンプには必須の蚊取り線香。

蚊取り線香をかけている木は現地調達です。
こういうのを考えるのも楽しい!

どんどん準備を進めますよ~

火を起こすためにバトニング。
焚き火の焚き付け用にするために薪を細く割る作業です。

これもキャンプの楽しみの一つです。

フェザースティック作り。
いつまで経っても上達しないのは何故なのか…

ファイヤースターターを使って1回で火が着きました!嬉しい!
その辺に落ちている杉の葉っぱも焚き付けに最適なんです。

ちなみに今回、松山市青少年センターでキャンプギアをレンタルしました。
なんと!!無料で貸し出してくれるんです!!!

【レンタルしたもの】
○焚き火台セット(無料で薪も頂けます)
○ハイバックチェア
○テーブル、耐火テーブル
○飯盒
○ナイフ
詳しくは最後にご紹介しますね~

この飯盒で炊くご飯が最高に美味しいんですよね~
山西シェフが炊き込みご飯を仕込んでくれました。

お腹ぺこぺこの為、待ち遠しい…

釣りたてのアマゴ達を捌いて串刺しに。
塩もしっかりと!
これ!お店で見るのと同じだ!さすがシェフ!

はい。整いました。
う、美しい!!

現地調達でこのクオリティー。
最高すぎです!
この香りだけでビール1本はいける!笑

焼き上がり~
焼き加減も完璧です!!

美味しすぎる!!
山西くんの満足な顔から伺えます

サワガニ。
さて、この後どーなるのか…

どーんっ!!素揚げです。
カラっと揚げていきます。
サワガニ初体験の私。ちょっとドキドキ。

塩を軽く振ったら出来上がり~

お待たせしました。

サワガニとウグイの素揚げ盛り合わせの完成です!
ここはお店ですか?笑
青空食堂ならぬ青空料亭!!

おおーっと!ここで山西シェフがクーラーボックスをガサゴソ…
何が始まるのか!?

肉厚なシイタケ!

凄くジューシーで、中から水分がじゅわ~
ちなみに、シイタケは現地調達ではなくスーパーです。笑

焚き火の中に仕込まれていた、ほっくほくのジャガイモ。
バターや塩コショウ、マヨネーズ…
何しても美味しい!!

お次は串焼きーーーーー!!
山西シェフが自宅で仕込んできてくれたんです!

豚バラで大葉を巻き巻きした串。はなまる満点!!
どれも最高すぎるキャンプ飯をありがとう!!

最後の最後までとことん楽しむスタイル

帰りは「道の駅みかわ」に寄り道。

やっぱり〆には甘いものですよね~
ここには地元の高原野菜や特産品が沢山売られていました。

道の駅って何だかワクワクしませんか?
どれもこれも美味しそうだから!ただの食いしん坊ですね。笑

さて、初心者釣りガールがゆく第二弾!
いかがだったでしょうか?

今回は、釣りにデイキャンプに盛りだくさんの内容でした。
次回も釣りたての魚を現地で食べたいなーと計画中です。
お楽しみに!!

キャンプ用品の無料レンタルのご紹介

キャンプをしてみたいけど…
初期費用がかかる
何を揃えればいいのかわからない
買い揃えたところで続くかわからない
とりあえずお試しでやってみたい
そんな方にオススメ!!
CGRまつやまキャンプギアレンタルなら、無料でレンタルできます。

【CGRまつやまキャンプギアレンタル】
○松山市に在住、通学、通勤する35歳未満の方を含む個人的なキャンプで利用できます。
※利用にはいくつかの条件があります
詳しくはWEBサイトをご覧いただくか、平日9:00-17:00の間に直接お問い合わせください。
松山市青少年育成市民会議事務局 公式HPはこちら

松山市青少年育成市民会議事務局(指定管理者)
松山市青少年センター
住所/〒790-0864 松山市築山町12-33
お問い合わせ先/089-943-3346・089-907-7826

お魚記事を閲覧したい方は、記事まとめナビ!をどうぞ。

reported by イマナニ編集部 セイ
イマナニ特集