えひめ釣りガールVol.7 佐田岬半島で大物狙い!

  

OL釣り師アンナマンが釣る!食べる!とある一日

01

みなさん、こんにちは!
釣り歴10年、いつも海で頭いっぱいOLのアンナマンです!

サビキ釣りからルアーフィッシングまで、
四季に応じた魚と烏賊を年中追いかけ、おいしくいただくのが生き甲斐!

一人で考え事しながら自分の時間を・・・な釣りもいいですが、
仲間とワイワイ楽しめるのも釣りの魅力だったりします!

今回は、普段からロケや釣行でお馴染みの釣り仲間、山西くん・フレンド松山店/宇田さんと、はじめましての上岡くん、4人で夢いっぱいの佐田岬半島へレッツゴー!!!

さあ、どんなお魚に出会えるのか・・・!?

とりあえず潮通しの良い井ノ浦に行ってみよう!

朝5時半、フレンド松前店さんに集合し、車に積む道具をチェック!
二重の虹がお見送り、これは今日いい感じじゃない…???

とりあえず佐田岬方面に行ってみようということで出発!!!
ところが…

夕やけこやけラインにさしかかるとワイパーも苦戦するほどの大粒の雨!
ポイント着くまでに止んでくれるといいんやけど…

雨が止むのを祈りながら、車内では第1ポイントの作戦会議…
一旦潮通し・足場が良く、魚影の濃い井ノ浦の波止を目指すことにしました!

先行者がおらず、雨も小ぶりになってきたところで車を先端までつけます。

まずはエサで、魚の顔が見たい!!

潮目が色んな所に出ており、どこに投げても魚が居そう…!
合羽を着て準備に取りかかります!

まずは全員エサで様子を見てみようということで、宇田さんはサビキ、上岡くんはブラクリ、私と山西くんは2本針のちょい投げにゴカイをつけて広範囲を探ることに!

砂地ということで、キス狙いで短めにつけます!
タックルはエギング用をそのまま使用!

軽くて強度のある東レさんの最新素材が施されたエギゾースト5Gというロッドに、
2500番のエギング用リール、0.6号のPEライン・2.5号のリーダーをセットしています。

エギングロッドはアジング・ライトジギングもできて万能竿なんです♪

手前はテトラが入っており、干潮のため遠投!
着水して5秒ほどで着底を感じます。

途中藻場が多いのか、モソモソしたところが多く、かわしながら誘います…
と、横で最初にアタリを捉えたのは山西くん!

見たことあるその3段叩きは…

ちっちゃいけど真鯛!!(笑)

真鯛は愛媛県農林水産部水産局水産課により、全長12cm以下のものは採捕できないとされていますので、弱らないようすぐに針をとってやさしくリリース。

私もちびちびとしたアタリを感じ、回収すると上手にほじったように取られている…!
なんとなく相手がわかりました(笑)
同じところへ再びキャスト!

隣では宇田さんがウリボウの5連掛け(笑)
ウリボウ団地に押し入ったようです(笑)

和む(笑)

と、さっきと同じアタリが来たので、今度はアワセを入れます♪
やっぱりキミか~~~!!本日のファーストフィッシュ!
おハギちゃん♡

少し小さいですが、今日のランチは今日の釣果、ということで美味しく食べられるよう脳天締め・腸抜きをして血抜きしておきます。

宇田さんはこの腸抜きが快感なんだとか…(笑)

この処理をしておくと、臭みが少なくなるそうです♪
その後もアタリが続き、次のゲストは…

ベラ~!!!実は私、ちょっと苦手なんです…
針を奥まで飲み込まれてしまうことが多く、針を取ってあげるのが大変なんですよね…

今回は傷つけずに取ることができたので、優しくリリース!
来てくれてありがとうね~!!

波止の先端で、今度はツバクロー団地に押し入る宇田さん(笑)

穴釣りに苦戦中の上岡くん。

雨が強くなってきて、雨具を忘れてしまった上岡くんは寒さのあまり一旦休憩、

私も靴の中・ズボンがビシャビシャで寒い…
けど、ずっと当たるのでやめられない(笑)

ここで、前日用意したアイテムを取り出すことに。

佐田岬といえば青物!

軽いけど飛距離の出やすい、「マキジグJET」!
スーパーライトショアジギングにチャレンジです!

鳴り響くドラグ音と、緊張感

今釣りをしている所は湾内にありつつも潮通しが良く、対岸の三崎港にて大型のタチウオやマトウダイ、ハマチを釣った経験があったことから、大物狙いに変更します。

なるべく沖向きに遠投し、着底からのスローピッチジャーク、ゆっくりフォールさせてブレードの動きを見せることを意識します。

6、7投目だったでしょうか、ジャーク後のフォールはじめにガツンと何かが来てしまいました!(笑)

すぐにフッキングを入れます!
「ジイイイイイイイイイイーーッッッ」
サービスドラグではありません(笑)

ライトジギング用に買ったカルディアのドラグ音を、この時初めて聞きました(笑)

おおお3000番が巻けん…
落ち着いて、いなしながら距離を縮めていきます。

宇田さんがすぐにサビキを回収し、タモを持って構えに来てくれます。
車で休憩していた上岡くんもドラグ音で出てきました(笑)

あと少しで寄せられる…と思ったその時!

手前の藻かワカメに魚が突っ込んでしまい、暴れているのが伝わります…
テンションを保っていましたが、突然フックアウトしてしまい軽くなってしまいました…

トリプルフックには謎の白い肉…
口にはしっかりフッキングしていたはずなのに、悔しい…!!
もう少し投げてみることに!

上岡くんもこのヒットで完全に復活したみたい!(笑)

「やった!釣れた!」
ブラクリでベラGET!!
この笑顔ですよね~!!
やっぱり釣りって楽しい!!

カワハギが釣れ続ける

その後も投げればカワハギが釣れ続ける状態!
型も上がってきました!
山西くんが次々とランチの材料を追加…!

宇田さんもサビキで美味しそうな鯛をあげます!!

もう靴の中も浸水していて足元がわやな私は、靴を脱いでキャンプチェアで優雅にゴカイを投げます(笑)

はい~今日イチのおハギちゃん!
宇田さんに大好きな腸抜きはおまかせ(笑)

しかし私の食べたいキスが釣れないなあ…
雨も強くなってきたので、次のポイントへ行くことに。

静かな隠れポイントでやっとキスにご対面

第二ポイントに選んだのは、宇田さんも私も人に教えたくない!
この日は絶対寄りたいねと話していた小さな防波堤「高浦」へ。

砂地で根がかりもほとんどなく、とても静かなところで上からメロディーラインの「みかんの花咲く丘」が時折聴こえます。
(近くに民家があるので、静かに釣りをしましょう)

私はイカ狙いでエギを投げてみることに!
上岡くんはジグを片手に一人磯へ…

宇田さんはサビキでもうカワハギGET!
良型じゃないですか!!

山西くんはさっきと同じゴカイのチョイ投げで食材追加のスタンバイ!!
この時点で13時頃、お腹減ってきた…(笑)

イカのチェイスも無いし、宇田さんがココには絶対キスがおる!とおっしゃるので、ナノジグとチョイ投げサビキを組み合わせたキス狙いに変更!!

後ではサビキで宇田さんが、手乗り鯛を釣りまくっています(笑)
和む(笑)

仕掛けは、メジャークラフトの「ナノアジメタル」というジグにサビキがついたそのまま投げられる欲張りセット♪

このサビキにもゴカイをつけちゃいます♪♪
特定のコースでキスっぽいアタリがあることに気付き、ねちねち底を攻めます。

このコースが少し深くなっているのと関係あるのか、アタリが多いです。

のんびりひいているとネズミゴチやフグがかかってしまうので、アリが歩くくらいの速さで、キスだけが食うよう少し早めに誘います。

「コン!」
強めのタックルしてくるようなアタリ!
これは絶対キス!
…?にしてはちょっと重い…?

あれ?何だコレ…?
上がってきたのは…!

うえい~!!本命!シロギス!!
まさかこんな良型来るとは!

宇田さんも美味しそうな真鯛を釣っていたのでツーショット♪♪
しかも食っているのは、まさかのエサじゃなくてジグ!(笑)

そっちか・・・ジグにも来るんですね~!!
よく肥えています♪

同じヒットコースを狙って、山西くんも私もキスを追加していきます!!

いるなあ~キス!!
なんて美しい魚体…
そろそろクーラーもいい感じになってきたので…

山西くんのもう一つのすごい所!
防波堤でサクッと調理、始めてもらいましょう!!(笑)

佐田岬の恵みをいただく

山西くんは、毎回釣り道具のバッカンと同じ大きさくらいの調理道具BOXを持ってきてくれます(笑)
そしてサクッと釣れたお魚をお料理にしてくれます(笑)

手際よくカワハギの皮を剥いでいき、キスも次々と捌かれていきますよ♪

キスは天ぷらで召し上がる方が多いかと思いますが、山西くんも私もオススメの食べ方は、刺し身を塩とゴマ油で!!

防波堤でいただく一皿には見えないクオリティ!
上岡くんがキスの刺し身を食べたことがないということで、皆で釣りたてのキスの刺し身を味わうことに♪♪

「あっうまい!!ゴマ油、合いますね!!」
初めて食べる刺し身のキスの味に、箸が止まらない上岡くん♪

私も頂きま~す!!
(キスには寄生虫がついていることがあるので、食べる前には要注意ですよ!)

体に染みるおいしさ!!!!
キス独特の甘み・しっかりした肉質の身を、塩とゴマ油が引き立てます…!
この時期ならではの旬の美味しさです!!

釣り場をきれいにお掃除して、納竿!
帰りはみんなで、きらら館のじゃこカツを食べに行きました♪

県内でじゃこカツを販売しているお店は多いですが、私はここ「伊方じゃこてん」さんのじゃこカツが一番好きです!

衣が薄く、噛みしめると魚の旨味と野菜の甘味がじゅわ~!!っと溢れ出てきて、これまた体に染み渡るんです♪

佐田岬半島で釣りをする時は、売り切れる前に必ず食べに来て、自宅でも揚げたてを食べたい!ので、持ち帰り用も必ず買って帰ります♪

3枚入りで400円、冷凍商品ですが、クーラーがない場合は別料金で保冷BOXの販売もありますよ♪
帰路は宇田さんに運転して頂き、夢の世界へ…

魅力がいっぱい!佐田岬半島

さて、佐田岬半島でのてんやわんやな一日、いかがでしたでしょうか(笑)

休日は、いつもこんな感じで子どもたちとも一緒に釣りとドライブ、帰宅後の料理を楽しんでいます♪
半島内には他にもレッドウィングパークや瀬戸農業公園、亀ヶ池温泉など、釣りのついでに立ち寄りたくなるおすすめスポットがたくさん♪

特に瀬戸農業公園さんにて秋冬限定で販売される「金太郎スティック」は、是非召し上がっていただきたいですね♪
ソフトクリームや地元の味噌やお野菜もおいしいです♪

釣りをされる場合は、漁港によっては立入禁止の場所があるのでマナーを守って地元の方の迷惑にならないよう、楽しんでくださいね。

この時期なぜ旬なのか?
キス釣りについても記事を書かせていただいています。
「愛媛のOL釣り師アンナマンが釣る・食べる!Vol.4」体験レポートはこちら

お子さん・初心者の方にも始めやすい釣りですので、ぜひ釣ってキスのお刺身を食べてみてくださいね♪

■ 伊方きらら館
住所/西宇和郡伊方町九町字3番耕地179-1
電話番号/0894-39-0230
営業時間/4月~9月・9:00~17:30 10月~3月・9:30~17:00
定休日/なし
伊方きらら館 公式HPはこちら
イマナニで「伊方きらら館」の情報を見る

お魚記事を閲覧したい方は、記事まとめナビ!をどうぞ。

reported by イマナニ編集部 アンナマン
イマナニ特集