愛媛の釣り師アンナマンが釣る・食べる!リアル釣行記 夏といえばキス釣り!

  

アンナマン    イマナニ体験レポート

愛媛のOL釣り師アンナマンが釣る・食べる!Vol.4

こんにちは!
釣り大好きすぎOLのアンナマンです!

今月は旬真っ只中!食べておいしい、釣って楽しい夏のターゲット!「キス」釣りの魅力をお伝えします♬
キスは主に砂浜で狙うことができ、お子さんやビギナーさんも狙いやすい魚です。

この時期、産卵に向けエサを食べて栄養を蓄えるために浅場へやってくるため、数も釣れるし脂が乗っていてとても美味しいですよ♬
1-1
大きさのわりにアタリが明確で、子供にも釣りやすい♬
大きさのわりにアタリが明確で、子供にも釣りやすい♬ 陸からでも、ボートからでも楽しめます♪ 障害物の少なく、根がかりしにくい砂地でかけあがりの付近などを狙います♪ 透き通った体で、新幹線のようなかわいい顔をしています♪ エサにはニホンゴカイがオススメ。
キスは、エサ・ルアーどちらでも釣れます♪

キスは臆病で、砂泥底を好んで棲息しており外敵の接近などの危険を感じると砂の中に身を隠す習性があります。
主にニホンゴカイなどの多足類や小さな甲殻類を捕食しており、日が出て海水温が上がると積極的にエサを求めて泳ぎ回ります。

夕方になると産卵や睡眠へと行動が変わるため、釣るのに適しているのはお昼前から暗くなる前まで!
遠くまで投げて、エソやネズミゴチなどのゲスト魚に持っていかれないよう、アリが歩くくらいの速さで探るのがポイントです♪
2-1
エサはこまめに変えた方がよく釣れますよ♪
エサはこまめに変えた方がよく釣れますよ♪ タックルは専用でなくても大丈夫!ジギングロッドやエギングロッドでできます。私はエギングロッドで。 メタルジグで釣れることも!ヒットしたのはメジャークラフト「ナノアジメタル」 鯛ラバでも砂地でよく釣れることがあります。 釣れたらすぐに氷で冷やして、おいしく食べれるように持って帰ります♪

キスを狙っていると釣れる、ゲストたち

エサで狙っていると、キスの他にもいろんな魚がやってきます。

中には毒を持っていたりして危険な魚もいるので、フィッシュグリップ、針を外すプライヤーはあったほうが良いですね。

しばらくやっていると、キスとそうでない魚のアタリの違いがわかってくるので楽しいですよ♪
フグやベラなどが当たると針がダメになることが多いので、針は4,5セット持っておくと安心です。
3-1
カワハギ。おいしく食べれますが、15cm以下の小さい子はやさしくリリースしてあげましょう。
カワハギ。おいしく食べれますが、15cm以下の小さい子はやさしくリリースしてあげましょう。 ベラ。食べられますが、歯に注意です。 ソウシハギ。有毒なので、決して持って帰らないでください。 タイ。こちらも15cm以下はリリースしてあげてくださいね。 ゴカイはこのくらいの長さがおすすめ。活性が悪い時は、もう少し長くして誘いをかけてみましょう。
キスの食べ方で一番オススメなのは、お刺身!(ただし、寄生虫には要注意!!)

独特の歯ざわりと甘みのある上品な身の味わいは、他の魚にはないおいしさです。
さしみ醤油も良いのですが、私は塩昆布とごま油をもみこんでいただくのが一番好きです♪

塩を振ってバーナーで軽く炙っても良いですし、定番の天ぷら、一夜干し、塩焼きも身がフワフワになっておいしいですよ♪
ウロコ取りには、身を傷めないようペットボトルのキャップがオススメ♪
4-1
お刺身と炙りでお造りに♪つけあわせは梅かつおにんにくでさっぱりと♪
お刺身と炙りでお造りに♪つけあわせは梅かつおにんにくでさっぱりと♪ しっかりとした身は美しく、独特の上品な旨味が。 キスのフライにはオーロラソースやガーリック系等、洋風の味付けも合います♪ 一夜干しにしたキスの塩焼きと、キスの刺し身・天ぷらのっけ海鮮丼♪ 子どもも一緒にウロコ取り♪♪
愛媛にはキスの狙えるポイントがたくさん♪

秋まで数・型が狙えるので、ぜひご家族で近くの砂浜でキスを狙いに行って、釣りたてのキスを味わってみてくださいね♪
釣行の際はゴミをし持って帰る袋とライフジャケットをお忘れなく♪

お魚記事を閲覧したい方は、記事まとめナビ!をどうぞ。

愛媛の釣り師アンナマン
開催場所/愛媛県南予地域の漁港
問い合わせ先/愛媛の釣り師アンナマン
reported by アンナマン