「ポリ袋でミニポーチ」を親子で力を合わせて作ろう by 愛媛県美術館

  

ルピナス    イマナニ体験レポート

切って貼ってポーチをデザインを考えよう

こんにちはルピナスです。
4月の愛媛県美術館の親子ワークショップに参加してきました。

今回は我が家のパパさんも参戦。

ポリ袋でミニポーチを作成。
だけどどんな作品に仕上がるのか想像が全くつかない…
今回はアイロンを使って製作をする部分があるので親子で協力をして完成を目指して作品作りになりそうな予感。

ワークショップ初参戦のパパさんも頑張って協力してもらうぞ~!
1-1
見本のようなオシャレなポーチを作るぞ
見本のようなオシャレなポーチを作るぞ 今回製作する道具と材料 この材料を使ってポーチのデザイン 完成図も載った作り方も用意されてます 写真が載っているのでとっても分かりやすい
まずはいろいろなポリ袋の中からデザインにしたい色をチョイスして好きな大きさにカット。

カットしたものをクッション材として梱包に使われるプチプチの上に配置していくんですが…
そうだよね~
子供たちは嬉しそうにプチプチしちゃってる~!!
「今回はプチプチしないんだよ~」と子供たちをなだめながらポリ袋を配置。

末っ子はさすが女の子。
かわいらしい色やデザインのポリ袋をチョイス。
乙女だね~
2-1
実はのりをつける振りしてプチっとしちゃってます…
実はのりをつける振りしてプチっとしちゃってます… まずはバランスを見ながら配置 かわいいポリ袋を張り付けてます パパさんもアシストしてますよ~ 長男君は一人で頑張ってデザイン考案中

アイロンを使う工程はママさんの出番です

ポリ袋の配置が終わるといよいよアイロンの登場ですよ~

中温にしたアイロンを使うのでここからの工程は私の担当。
だけど普段アイロンがけをしない私は内心ちょっとドキドキ…

子供たちにばれないように得意げな顔をしてアイロンがけしました(笑)

クッキングシートをあて布にしてアイロンがけ。
ここでのポイントが2点。

1つ目はアイロンはサッとかけて!
長時間アイロンをかけてしまうとポリ袋や土台のプチプチが溶けてしまうのでご注意を…

2つ目はアイロン台の上にもクッキングシートを置いてポリ袋を置く!
少しでもアイロンをかけすぎちゃうとアイロン台にポリ袋がくっついちゃうんです…

私もアイロン時間がながかったのか、アイロン台にくっついちゃって剥がすときポリ袋が破けそうになっちゃいました。
3-1
いよいよアイロンの登場
いよいよアイロンの登場 アイロンをかける前はこんな感じです クッキングシートを置いてアイロンがけ アイロンとかけるとぺったんこに アイロン後は分厚い本などで重し
アイロンをかけるとお煎餅のようにぺったんこに。

型紙を置いてどこの部分をポーチにするかを決めたら裁断。
どこの部分を裁断するかによってデザインが変わってくるから出来上がりが楽しみ。

ポーチにする部分を決めたら裁断。
ここからはパパさん出番。

現場監督のように見つめる息子の視線を感じながら裁断、成形。
だんだんポーチの形に作り上げるパパさんの横で切った後のポリ袋で遊ぶ子供たち。
親子ワークショップですが我が家は親ワークショップになってます(笑)

最後にバネ口をポーチに差し込んだら完成。

金具で手を切ったら危ないのでここでもパパさんの出番。
そして完成すると受け取り「見て~出来た~」と全て自分が作ったように誇らしげな子供たち。
4-1
型紙を使ってデザインのバランスをチェック
型紙を使ってデザインのバランスをチェック ちゃんと切ってるか監督する息子 切った残骸で遊ぶ息子さんです ペンチで締めたら完成 今後開催の親子ワークショップの内容と日程など
今回は初めてパパさん参戦で参加した親子ワークショップ。
パパさんの活躍で素敵なポーチが完成しました~!!

子供たちは作ったポーチは財布として使っていくそうですがこれはお小遣いの催促でしょうか(笑)

毎回いろいろな制作を体験させてもらってますが愛媛県美術館の学芸員さんがオリジナルで考えてくれているそうですよ~
学芸員さんの苦労のおかげで子供と一緒に楽しくものづくりをさせてもらってます。

我が家はもちろん来月も参加予定です!!

愛媛県美術館では、定期的に親子ワークショップを開催しています。
ご興味ある方は、こちらから
イマナニで「愛媛県美術館」のイベント情報を見る

過去記事を閲覧したい方は、えひめミュージアムめぐりをどうぞ。

親子ワークショップ ポリ袋でミニポーチ
開催日/4月の日曜(4日・11日・18日・25日)(1)10:30~11:30、(2)14:00~15:00
開催場所/愛媛県美術館(愛媛県松山市堀之内)
駐車場/あり 普通50台・障害者用4台県庁西駐車場が2時間まで利用可
料金/あり 150円
問い合わせ先/愛媛県美術館 TEL.089-932-0010
URL/https://www.ehime-art.jp/
reported by ルピナス