かすみの森公園で初泊チャリキャン【前編】

  

グルッタ    イマナニ体験レポート

愛媛のキャンプ場で遊ぼう! Vol.17

こんにちは~永遠の素人キャンパー・グルッタです。

ついにキャリキャン1泊キャンプが実現できることに。
コツコツと数ヶ月かけて準備していただけに感無量です。

とは言え、子育てパパ真っ盛りですからね。
限られた時間は、土曜日3時過ぎ出発から日曜日午前中まで。

タイトな設定でキャンプ場の選択は自ずと決まってきます。
結局、以前テストランで訪れた重信川かすみの森公園に。

我が家から超最短コースで向かえば、片道30分コース。
(でも、コースとして情緒に欠けます…。)

これでチャリキャンと呼べるかはわかりませんが、無料だし、近いし、一度行ったし…。
保守的ですが、安全安心なら間違いない選択です。

逆にこれくらい手軽にキャンプが楽しめるのも愛媛県の魅力です。
ある意味、24時間以内でキャンプ場へ自転車で1泊・往復できるんですからスゴイですよね。

欲張りなキャリキャンは次回のお楽しみということで。
とりあえず出発!
1-1
全部は積めず、道具のチョイスで悩みます…。
全部は積めず、道具のチョイスで悩みます…。 簡単ながら食事の準備もバッチリ! 全パッキング終了です。 リュックサック以外は、後部荷台に搭載。 天気は気まぐれな秋空でやや不安です。
まず戸惑ったのが、自転車前後の重量比です。
思いっきり後ろにまとめた関係でバランスの悪いこと。

それほど重たいものは載せていないはずですが、ロードバイク自体が軽量なせいなのか。
乗ろうとしたら、いきなりバランスを失いそうになりました。
サイドスタンドも不安定で場所によっては倒れそうになります。

ただ、リュックサックを背負って走り始めれば問題なし。
走っている感触はそこまで重量感もなく違和感もありません。

そんな走りに慣れるまでもなく目的地に到着。
さすがに近すぎますね。

で、重信川かすみの森公園は、予想通り大盛況になっています。

ファミリーも多いし、テントも大型がチラホラ全部で8張りほど。
訪れたのは9月下旬だったので、シーズン真っ盛りです。

駐車場も一杯で入口・トイレ前の道路にも縦列駐車。
夏来た時より明らかに混んでいます。

そんな密集を避けて場所選び。

前回訪問時に気づかなかった「じゃぶじゃぶ池」なるものを発見。
意外と重信川かすみの森公園は横に長い作りなんですね。

池をくるっと回って、誰もいない川沿いの奥を陣取ることに。
木陰が気持ちいい場所にテントを張ることにしました。

以前レポートした激安テントでしたが、張るのに全く問題なし。

同梱ペグがアルミのヘナヘナですが偶然、地面が柔らかくて手でも刺せるほど。
100均ミニハンマーでも十分役目を果たしてくれました。

チャリキャンでやってみたかったのが、ロードバイクを活用してキャノピーを作ること。
テントからパラコードを2本伸ばして愛車アンカーくんにつなぎます。

引っ張られて倒れそうになったので、反対の地面から1本引っ張ったらグッドバランス。
いい感じでまとまりました。

不思議な一体感が生まれています。

エアーマット、寝袋をテントにセット。
ウォーターバック、ティッシュボックス、ゴミ袋など
全てアンカーくんに設置して小物は自転車からぶら下がっている感じです。

テント内からの出し入れは面倒くさいし、個人的にはこれでOK。
まぁ~機能性重視で見た目はどうなのって感じではありますが…。
2-1
ずら~っと車が並んでいます。
ずら~っと車が並んでいます。 池があるなんて知りませんでした。 これが「じゃぶじゃぶ池」 その脇、川沿いの場所をチョイス。 ロードバイクを活用してキャノピーを作ります。

一人ぼっちにバンザイ!

最後にチェアとローテーブルを組み立てて一息。
…イイ感じです。

一人ぼっちで誰にも邪魔されず、やさしい西日の感じがたまりません。
川の流れる音と子どもたちの楽しそうな遊び声が遠くから囁くように聞こえます。

ささやかな幸せですな。
そんな自分の世界に浸りつつコーヒーを用意。

「バリアラビカ神山ハニー」というアジア産の豆を挽きます。
前回はかなり濃いめだったので、今回は半分以下に分量調整。

キャンプは数知れず行っていますが、今回初の「豆を挽いてコーヒーを淹れる」を達成です。
めちゃくちゃベタすぎて恥ずかしいのですが、それでもやってみたかった。

そんなコーヒーを楽しんでいるとふと…足元に。
あっ!枝が落ちている。

あたりをキョロキョロすると、かなり薪がありますね。
これなら道具があれば焚き火もできそうです。

次回はミニ焚き火台購入してトライしてみたいです。

出発の時間が遅かっただけにもう夕方の気配。
夕食はまず、ノンアルコールビールとホタテ焼きから。

前回の鹿島釣りキャンプで食べたホタテのオリーブオイル焼きにハマっています。
そして2品目はベーコンを使った野菜炒め。

夕暮れを楽しみながら食事が続きます。
3-1
まずは、コーヒーから。
まずは、コーヒーから。 やはり野外だと何でも美味しく感じます。 これくらいの枝が落ちていました。ソロなら十分な量かと。 ホタテ焼きで乾杯! ベーコン炒めでビールが進みます。
日もかなり傾いてきて、メインディッシュです。

とは言え、料理の才能はないので、缶詰のタイカレーで。
将来的には、インスタ映えするようなキャンプ料理ができたらイイなぁ~。

メスティンで、ごはんを炊くのは自宅で1回テストしただけ。
しかも固形燃料を使うのは、今日がぶっつけ本番。

本当に、ほぼ放置で手軽に美味しいごはんができるのだろうか?
まずは、お米を洗って水を入れ30分浸す。
あとは、固形燃料に火を点けて放置。
燃え尽きたらタオルに巻いて15分蒸らします。

その間に残った野菜を炒めてタイカレーを投入。

メスティンの蓋を開ける瞬間は、ちょっとドキドキ。
軽い湯気と共にツヤツヤのごはんができていました。
簡単すぎて不思議な気分です。

ダイソーの1合メスティンは量的にソロなら十分ですね。
ただ、サイズが残念で、僅かな差でポケットストーブが収納できない。
固形燃料とセットでパッキングできたら良かったのにな。

でも、ダイソーメスティン。
550円(税込)の安さを考えたらコスパはかなり高いです。
4-1
のんびり夕暮れ時です。
のんびり夕暮れ時です。 ポケットストーブと固形燃料の準備。 メスティンでごはんを炊きます。 手抜きですが、缶詰のタイカレー。 手軽に美味しいごはんができました。
当たり前ですが、初めての体験ってその瞬間が本当に新鮮です。

僕にしてみたらソロキャンも初めてで、今回の為に購入した道具が大半だったことからイメージ通りにならないこともしばしば。

でも、それが楽しい。
工夫したり、次回はこうしたい…なんて想像が広がります。
そして大自然の中で、静かに一人で過ごす時間は格別です。

後編は散歩気分で、重信川かすみの森公園のキャンプ風景をご紹介します。

初チャリキャンの中から個人的に気に入った商品をご紹介。

【BUNDOK フォールディング ジャグ】
Amazonにて購入。527円(税込)
コンパクトなウォーターバックって透明か白か水色くらいが主流です。
そんな中、見るからにキャンプ向けのカラーリングが素敵。
7Lという容量もソロキャン1泊2日にはバッチリなところ。
但し、放水で片手が必要なこと、水を入れたまま車で移動はできない点はマイナスか。

【Moon Lence エアーマット】
Amazonにて購入。1,999円(税込)
快適性よりコンパクトを優先してチョイスした一品。
500mlペットボトルよりちょっと大きいくらいでリュックサックのサイドポケットに入るほど。
予想通り身長178センチの体格だと幅はやや厳しいが、地面の凹凸や冷気は伝わらない。
冬は不安だけど、9月下旬なら最小限度の役目は果たしてくれている感じ。
素材が薄いので回数を重ねるとどうなるのか耐久性は不安あり。
直接息を吹き込むタイプだけど時間はそれほど掛からない。
二重蓋で空気を抜け一瞬で終わるのは便利です。

他記事を閲覧したい方は、記事まとめナビ!をどうぞ。

キャンプ場をお探しの方は、スポット一覧!をどうぞ。

重信川かすみの森公園
開催場所/かすみの森公園(愛媛県東温市上村417番1地先)
駐車場/あり 20台程度
問い合わせ先/東温市 都市整備課公園係 TEL.089-964-2001
reported by グルッタ