チャリキャン準備な日々。オスプレー タロン22 Get!

  

グルッタ    イマナニ体験レポート

愛媛のキャンプ場で遊ぼう! Vol.13

こんにちは~永遠の素人キャンパー・グルッタです。

朝晩涼しくなってきましたね。
徐々に秋の気配が漂う今日このごろです。

以前、ご報告しましたが自転車でキャンプを始めようと準備をコソコソ。
ファミリーキャンプの道具は一式揃っているのですが、ソロキャンはほぼ皆無。

そんな訳でアイテムをゲットするところからスタート!
これからキャンプを始める初心者の方へ参考になれば幸いです。
(でもかなり偏った情報になるかも…。)

とはいえ僕の軍資金はたかがしれています。
ある程度道具を揃えるには、かなりローコスト商品たちになりそう。
個人的にはブランドや見てくれは、ほぼ気にしない性格なので問題なしですが。

でも、1点豪華主義ではありませんが、譲れないものが…。
それは「リュックサック」です。

おいおいテントや寝袋じゃないのかよ…ってツッコミがありそうですが、ザックです。

これまで通販で色々買ったのですが何故か、ほぼハズレ。
背負心地が悪かったり、重い荷物を積んだらベルトが切れたり、すぐに色褪せてボロボロになったり…。
チャリキャンなら尚更、気持ちのいい頼りになるザックでお出掛けしたい。

それと、素人のくせに購入は通販でほぼ済ませていて、これまでかなり自己流です。
(我が家には、妻という超強力なキャンパーがいるので大丈夫なのですが。)

この機会にちゃんとした専門店で適切なアドバイスや知識を得たいという気持ちもあります。
そこで、松山市内にあるアウトドアーズ・コンパスさんへお邪魔しました。

いきなり結論ですが、店長の松本さんがメチャ良かったです。
説明がわかりやすく、知識も豊富で会話が楽しい。
リュックサックってかなり奥深い代物なんですね。

たくさん知った一部を明記すると…。
●サイクリング(長距離)なら20Lサイズまでが、体の負担が少なくオススメ。 
●体格に合わせて色々調整できることを知る。試すとフィット感が違う。
●ムレ対策でメッシュがスゴイと実感。
●軽い。持ってみてわかるこの軽さ。

会話をしながら背負ってみて確かめるってホント大切です。
結果、「オスプレー タロン22」をチョイス。

1万円ちょいの出費はかなり僕には大きいですが、良品感が漂っています。
オスプレーというメーカー自体全く知らない僕ですが(猫に小判?)、登山にも使える品質ですし、ポケットも多く様々な機能も満載。
胴体の長さに合わせて調整できる機能は感動モノです。
きっと期待に応えてくれそうな予感。

しかし、このお店ヤバいですね。
色々商品を見ていると物欲がムクムク。
ステキなアウトドアグッズが溢れています。

また、ちょくちょく来ようかな~。
1-1
アウトドアーズ・コンパスさん到着。
アウトドアーズ・コンパスさん到着。 色々なリュックサックが置いてあります。 年甲斐もなく、この色が目に止まり購入です。 このメッシュぶり、夏でも快適です。 この部分が、背面調節機能で胴体の長さに合わせてくれます。
続きまして自分の中で、小さなこだわりをもう一点。

何故か、キャンプ場で美味しいコーヒーを飲みたいという呪縛霊から逃れられないのです。
まぁ~僕は、お酒が飲めないのでオーソドックスな流れかもしれませんが。

ベタですが、キャンプ場で挽きたてのコーヒーをソロで飲む。
誰もがやっている初心者さんコースのド真ん中。
この機会にやってみたいなぁ~ということで、やってきましたB.Factory(ビーファクトリー)さん。

松山市駅側にあり、常時50種類のコーヒー豆を置いているそうです。
さっそく色々質問をすると、逆にブレンドコーヒーを用意してくれて感想を聞かれます。

酸味がちょっと強いかも…などなど僕のキーワードを元にチョイス開始。
コーヒー豆を選ぶなんて初めての体験なので新鮮で楽しいです。

結果「バリアラビカ神山ハニー」という不思議な名前のアジア産で決定。

注文してから焙煎するそうで、待ち時間はコーヒーを1杯サービス。
なんて気前の良い店なんだ。
帰宅コースのそばに、こんなお店があることを初めて知りました。

これも新しい出会いですね。
2-1
ビーファクトリーさん到着。
ビーファクトリーさん到着。 色々なコーヒー豆が所狭しと並んでいます。 この銘柄に決定です。 焙煎する機械がカッチョ良い。 店内も落ち着いた印象です。

週末は自宅でテストあれこれ。

週末に「バリアラビカ神山ハニー」試飲です。

ちなみにコーヒーミルはAmazonの最安値近く2000円以下のコンパクトな代物。
折りたためるコーヒードリッパーは、ダイソーで購入。
100均でこんなものまで手に入るんですね。

長男(小5)はコーヒーを飲めませんが、コーヒーミルに興味津々。

まずは自分がコーヒー豆を挽いてみると意外と上手に回ります。
小さいので本体とハンドルを両手で合わせて回していく感覚です。

予想したよりも軽い回し心地で音も静か。
安物の割にはちゃんとしている感じですね。

次に我慢できなくなった長男がチャレンジ。
両手をコントロールするのは難しいようで、本体をテーブルに固定してハンドルだけ回します。
方法は違えど問題なくできました。

本体が高さ13センチと小さいので扱いづらいかと思いましたが、問題なし。
サイズの関係で1回で20グラム程度、1~2人用ですが目的にはマッチしています。

コーヒーを淹れて飲んでみると希望通り酸味が抑えられていますが、ちょっと濃い感じ。

もう少し粉が少なくても良かったのか、それとも挽き方を変えると良いのか…。
知識ゼロゆえに今後、色々楽しめる余地はありそうです。
3-1
では~コーヒーを淹れていきます。
では~コーヒーを淹れていきます。 袋を開けたら良い香りが漂ってテンションアップ。 長男、コーヒーミルに初挑戦。 次回は円錐型のペーパーフィルターを用意するつもり。 ちょっと濃い1杯になりました。
で、最後はダイソーでコーヒードリッパー購入の際、見つけてしまったメスティン。

えひめ釣りガールで活躍中のサワダマナミ嬢が、笑顔でメスティンで炊いたご飯は美味しい!と絶賛。
ネットでも随分前からダイソーのメスティンが話題になっていたので、つい手にしてしまいました。

さすがに100均とは行かず500円+税ですが、それでも巷の商品に比べたら激安です。
コストの関係で小さくご飯1合しか炊けませんが、逆にソロキャンにはマッチしているかと。

あまり難しく考えず、愛用のイワタニ ジュニアコンパクトバーナーを使って挑戦!
このガスバーナーにはメスティンのサイズが小さくて上手に乗らずやや傾いた感じ。
五徳代わりの何かが必要かな。

それでも使えないことはなく普通にご飯が炊けました。
固形燃料でもごはんが炊けるそうなので、キャンプ場でやってみたいですね。
4-1
モノはしっかりしています。
モノはしっかりしています。 お米1合はこのくらい。 吹き出したら弱火で10分。 タオルにくるんで15分蒸らします。 美味しいごはんの出来上がり。
徐々に道具が揃っていますが、大物として一人用テントが残っています。
次回は、購入したテントの報告になるかも。

10月にはチャリチャン初戦を飾りたいですね~。

今回購入した商品情報は下記の通りです。
価格は参考程度で。

●OSPREY TALON 22 (オスプレー タロン 22)M/Lサイズ
 12,100円(税込)
 ●サイズ:縦51×横28×奥28cm
 ●背面長:46-58.5cm
 ●重量:0.81kg
 ●容量:22L

●SULIVES 手挽きコーヒーミル
 1,850円(税込)
 ●サイズ:幅4.8×高さ13.2cm
 ●素材:ステンレス・セラミック刃
 ●容量:1~2人分・20g

●ダイソー メスティン
 550円(税込)
 ●サイズ:15×8×5cm
 ●重量:123g
 ●容量:500ml
 ●素材:アルミニウム

イマナニで「アウトドアーズ・コンパス」の情報を見る
初心者から専門的ご相談まで色々頼りになるステキなお店です。
アウトドアを初めるなら、きっと力になってくれると思います。

開店34周年記念創業祭謝恩バーゲンも本日9/11(金)から9/14(月)までの4日間限定で開催されるそうです。
最大60%オフの商品も。
ご興味のある方は、この機会に訪ねてみてはいかがでしょうか。
コンパス公式HP情報はこちら

他記事を閲覧したい方は、記事まとめナビ!をどうぞ。

キャンプ場をお探しの方は、スポット一覧!をどうぞ。

キャンプ用品色々
開催場所/愛媛県の我が家
問い合わせ先/グルッタ
reported by グルッタ