南予の避暑地「成川渓谷休養センター」で気軽にアウトドアライフ!

  

愛媛県北宇和郡鬼北町で、大自然の遊びをまるごと楽しもう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国道からちょっと小路に入り、深い山間に向かって車を走らせること、約8分。
苔むした道を進んだ先にある、静寂の癒しスポット「成川渓谷休養センター」をご存知ですか?

「成川渓谷休養センター」は、愛媛県北宇和郡鬼北町にある、約3キロの絶景『成川渓谷』に面した、自然派レクレーション施設。

宿泊や温泉、お食事処、ピザやBBQの体験施設がコンパクトにまとまっているので、絶景の散策や沢遊びが楽しめる成川渓谷の拠点にぴったり!

緑一色の成川渓谷から少し歩いた先にあるレストランでは、地元鬼北町で育てられたキジの名物料理が堪能でき、渓谷の石を使った広々とした浴槽が自慢の高月温泉では、美肌効果が狙えます。

成川渓谷を目いっぱい楽しむなら、宿泊がオススメ!
テントによるキャンプから、ロッジ・ホテルと3種類から選べます。

キャンプ玄人さんから、キャンピング用品を何もお持ちでないキャンプ初心者さん、ロッジでちょっとした非日常を味わってみたい方、普通のホテルに泊まりたい方。
ここでは、どんなタイプの方でも気軽に自然を満喫することができますよ。

日帰りでは、もったいない!
この夏は成川渓谷休養センターで羽を伸ばして、素敵な夏の思い出を作りませんか?

愛媛県北宇和郡鬼北町の成川渓谷

愛媛県北宇和郡鬼北町は、愛媛県南西部に位置する、松山から車で約90分の距離にある、鬼が棲むと言われる小さな町。

その鬼北町の南西に流れる成川渓谷は、木々の緑が調和して素晴らしい渓谷美を誇る、四万十川支流の景勝地。

川の南側には鬼ヶ城山連邦がそびえ、これらの山々から流れる清流が谷川を深く刻み、今も花崗岩の岩肌を磨きあげています。

読みは「なるかわ」。
渓谷に近づくにつれ、冷たい空気が肌に触れて気持ちの良い、南予の避暑地です。

珍しいコケやシダが自生していて、学者たちの間では評判なのだとか。
蘚類(せんるい:コケ植物の一群)は採取して調べた結果、なんと約79種類が見つかっています。
苔むした様子は、まるで屋久島のよう!

年間を通して楽しめるのも、成川渓谷の良いところです。
春は桜と新緑、夏はモスグリーンの中で沢遊びをする家族の姿が見られ、秋は紅葉、冬は雪景色…といったように、色々な顔を見せ楽しませてくれます。

渓谷沿いには遊歩道も整備されていて、お散歩に最適。
長すぎず、見どころがコンパクトにまとまっているので、観光と身体づくりのウォーキングが両立しやすいのではないでしょうか。

国道から離れているので、周囲は本当に静か。
目だけでなく、音や肌でも楽しんでみて。

成川休養センターはアウトドアライフの拠点にピッタリ!

成川休養センターは成川渓谷沿いにある、宿泊関連とお食事ができるログハウス調の休憩スポット。

エントランスには鬼北町のお土産も並んでいて、旅気分を盛り上げてくれます。
キジの油を使ったしっとりする石鹸や、キジの旨みが詰まったドレッシングなどは、鬼北町ならでは!

お土産の購入ついでに、成川渓谷の見どころなどを聞いてみてはいかがでしょう。
成川の良さを知り尽くした支配人さんが、ビューポイントなどを教えてくれますよ。

鬼北といえば、キジ料理!

成川休養センター内のレストランで、零れ落ちる滝を見ながら、ゆったりとお食事はいかが?

こちらは、地元の特産を使って作る料理が食べられる、落ち着いた雰囲気のレストランです。
お子様用の椅子の用意や、おうどんなどのメニューもあり、全年齢が対象。

一番人気があり、一度は食べてみて欲しいのが「キジ肉料理」!
良質で美味しいキジ肉料理が、とてもリーズナブルな価格で提供されています。

こちらで使用しているキジ肉は「鬼北熟成きじ」という贅沢なキジ肉。

広い畜舎でのびのびと育った、元気いっぱいの高麗キジを使用しています。
48時間、適正な温度を一定に保って熟成させ、マイナス30℃以下のアルコール液に浸して急速凍結したお肉なので、いつでも鮮度抜群!

プリプリとした歯ごたえ、噛みしめるごとに広がる肉汁とうまみ。
いつまでも食べていたくなるような、そんな美味しいキジ肉を使った料理が、千円前後で食べることができます。

事前予約すれば、キジ肉をふんだんに使ったキジ鍋も食べられますよ。
こちらも2,420円とリーズナブル!

レストランではお酒の用意もあるので、旅の晩ごはんにもぴったりですね。
一枚岩を流れる滝を見つめながら、鬼北の特産を堪能しちゃいましょう。

また、レストラン内にはピザ窯の用意もあり、今後はメニューに焼き立てピザが並ぶ予定です。

仲間と一緒に♪ピザとBBQ体験!

焼き立ての美味しい窯焼きピザが早く食べたい!という方に、朗報!
あまり知られていませんが、成川渓谷休養センターでは、事前予約で窯焼きピザ体験ができます。

ただし、5枚以上ご注文されることが条件!
ですので、祖父母を誘ったり、お友だち家族やサークルのメンバーを誘ったりして、仲間を増やしてご予約するのがオススメ。

気になるメニューは、(トマト)1,200円、(ゆずみそ、キジ肉)1,500円、(トマト、キジ肉)1,800円。

自分たちで作ることで楽しい思い出にもなるうえに、窯から出したばかりの焼き立てを頬張れるピザが1枚1,200円~!
これはなかなかに良い体験プランではないでしょうか!

また、事前予約で手ぶらでBBQ体験も可能。
ワイワイとお肉や野菜をつつきながら、渓谷の中で非日常を味わうのも楽しいですよ。

これらの体験は食材付きなので、手ぶらでOKなのが嬉しいですね!
受付時間は、どちらも11:00~15:00までです。

遊び疲れたら、高月温泉で湯ったりしましょ♪

遊歩道をたくさん歩いたり、沢でめいっぱい遊んだりした後の疲労回復にぴったりなのがアルカリ性単純温泉の「高月温泉」。

詳しくは、神経痛、筋肉痛、関節痛、冷え性、打ち身、慢性消化器病、痔疾などに効能ありとされています。

大浴場の浴槽は成川渓谷の岩を使用。
郷土愛にあふれています。

水風呂は、成川渓谷の清流を使用しています。
足元あたりでしか沢に触れられない事の多い大人には、ちょっと嬉しいではないですか!
温泉なら、気軽に水浴びができます。

大浴場から見る景色は、なかなかのもの。
面前に広がる成川渓谷を見ながらお湯につかって、ゆったりと心をほぐしましょう!

ボディソープ、リンスインシャンプーの備え付けもあり、タオルの販売もあるので、保湿クリームや日焼け止めさえれば、大丈夫です。

成川渓谷に泊まろう!

成川休養センター二階の客室のテラスからの景色は、成川渓谷が一望できるビュースポット!
いつ訪れても違う顔をみせてくれるので、何度も足を運びたくなる美しさが魅力です。

高月温泉からも成川渓谷が一望できますが、性別で分かれているため、家族みんなや仲間たちと一緒に眺望するなら、こちらがオススメ。

本館の客室は和室と洋室が選べ、ホテルと同じ感覚で利用できます。
5年前に改装されたので、部屋も清潔感があり、綺麗。

まずは手軽に成川を味わいたい方にぴったりの宿泊施設です。

スタッフさんの人員調整上、本館とロッジ利用は前日までの要予約。
当日、急に泊まることはできないので、ご注意を。

慣れてきたら、ロッジ体験

キャンプまではいかなくとも、普通のホテルよりも一歩進んだ、アウトドア感覚を味わいたい…。
そんな方はロッジ利用がオススメ。

二段ベッドが4つある室内は、どことなく懐かしい!
人によっては、学生時代の修学旅行を思い出すかもしれませんね。

10棟あるロッジは、本館の客室と違いキッチン付き。
ある程度の調理器具もそろっているので、自分たちで好きなものを作ることができます。
(ご不安な方は、想定した調理器具があるか要確認を)

ただし、食材は持ち込みで。
自販機はありますが、ごく近隣にスーパーや産直などはないので、事前準備が必要です。

鬼王丸が待つ、森の三角帽子で地元の採れたて野菜を購入して持ち込み、自分たちの手料理で鬼北町を味わうのも◎。
後述するレストランでの食事も、オススメですよ。

自然に抱かれて眠る!キャンプ体験

ロッジにも慣れたら、今度はアウトドアの本命「キャンプ体験」をどうぞ!
沢の近くでテントを張り、大地に一番近いところで眠るという体験は、最高の非日常!

キャンプ未経験だけど、いつかは楽しんでみたい…そう思われていらっしゃる方も多いのでは?
しかしながら、テントに飯盒、キャンピングチェアーなどなど…
いざ、アウトドアを始めてみよう!と思っても、必要な用品を揃えるのに戸惑ったり、頻度と費用を考えて躊躇してしまったりするかもしれません。

ご安心ください!
成川休養センターでは、キャンプ用品の貸し出しも行っています。

それもテント1張り300円、飯盒50円、キャンピングチェアー200円(どれも税別)と格安。
さらに、サイト利用料(場所代)無料という懐の広さ!
そのため、わずかな費用で大自然を満喫することができるのです。

先述したように、産直やスーパーが徒歩圏内にはないので、食材は森の三角ぼうしなどで購入して持ち込みましょう。
その際は、野生動物にご注意を。襲ってくることはありませんが、食材を持っていかれたりする可能性はあります。

成川渓谷でリフレッシュしよう!

いかがでしたか?
かなり手軽にアウトドアを満喫できることが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

こちらでキャンプをお試しして楽しさを知り、自分好みのキャンプ用品を揃えた!という「成川育ち」のキャンパーも多いようですよ。

秋には、とってもお得なジビエ体験のイベントが企画される予定です。
その際の予習もかねて、ぜひこの夏は成川渓谷へ行ってみませんか?
大自然が待っていますよ!!

■ 成川渓谷休養センター
住所:愛媛県北宇和郡鬼北町大字奈良
お問い合わせ先:成川渓谷休養センター
お問い合わせTEL:0895-45-2639
営業時間:チェックイン午後4時・チェックアウト午前10時
休日:毎月第2・4火曜日(祝日の場合は翌日)・8月無休
料金:宿泊/1階和室4,900円(5,800円)1階洋室6,000円(6,200円)2階洋室5,500円(6,000円)( )内、休前日及び繁忙期の宿泊料金です。小学校6年生以下半額
イマナニで「成川渓谷休養センター」の情報を見る

他記事を閲覧したい方は、記事まとめナビ!をどうぞ。

キャンプ場をお探しの方は、スポット一覧!をどうぞ。

reported by イマナニ編集部 Natuorhytym
イマナニ特集