萬翠荘

萬翠荘

大正浪漫を今に伝える、フランス風洋館

萬翠荘は、大正11年(1922年)旧松山藩主の子孫にあたる久松定謨伯爵が、別邸として建設したものです。 純フランス風の建物は、当時最高の社交の場として各界名士が集まり、皇族方がご来県の際は、必ず立ち寄られたところであります。 建築その物が美術品であり、平成23年には萬翠荘本館と管理人舎の2棟が国重要文化財に指定されています。

萬翠荘開催一覧5件

えんじぃな エヒメノウタ えひめのあぷり マチボンヌ