「びいどろの酒器 美をもとめて」 - 同時開催「明治大正ガラス展」

画像1

(c)瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館

「びいどろの酒器 美をもとめて」 - 同時開催「明治大正ガラス展」

陶器や塗り物が主流だった日本の酒器に、ガラスが登場する江戸時代。喜多川歌麿の浮世絵にも描かれたびいどろ杯、酒次として生まれた急須やちろり、並べて楽しい数物の盃など、瓶泥舎コレクションの酒器の世界に酔いしれることができる。

開催期間 3月21日(木)~9月8日(日)
開催時間 10:00~17:00
別日程  
開催場所 瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館
住所 愛媛県松山市道後緑台7-21
駐車場 駐車場有り 要予約
料金 一般1,000円、中学高校生800円 (税込)
お問い合わせ 瓶泥舎びいどろ・ぎやまん・ガラス美術館
089-922-3771
bindeisha@gmail.com
HP 公式HPほか、関連サイトはこちら

※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※休館日:火・水曜(祝日の場合は開館、翌営業日休館)

今日

23℃ 17℃

天気予報 天気予報

くもり時々雨

明日

24℃ 17℃

天気予報 天気予報

くもり時々晴れ