「瓦のうつわ展 菊貞」に行ってきました~

  

ペロ吉    イマナニ体験レポート

愛媛県指定伝統的特産品 「菊間瓦」

どうも、ペロ吉でございます。
瓦で作ったうつわを展示・販売しているとのことで、松山市高井町の「ギャラリーサンタニ」さんにお邪魔してまいりました。
器の材料である瓦は菊間瓦といって、750年もの歴史がある今治市菊間の伝統的特産品なのです。

同市窯元の小泉製瓦さんが菊間瓦で製作した、数々の展示品が販売されておりました!
体験5
菊間瓦「菊貞」さん。創業三百年以上だそうです!
菊間瓦「菊貞」さん。創業三百年以上だそうです! 店内壁には「創」のプレート。 繋ぎ合わせると。。。 「創作造」! 菊間瓦についての解説もありました。
箸置きやコースター、お皿や湯呑などが並ぶ中、一合片口とおちょこといった、酒器も出展されておりました。なんでも6/17の父の日に合わせて開発したとか。
菊間瓦のおちょこで一杯、そんな贅沢なひと時が味わえるのです。
父の日は終わってしまいましたが、日ごろの感謝をこめてプレゼントしてあげると、お酒好きのお父さんは感極まるんじゃないでしょうか!
体験2
4つセットの箸置き。オシャレです!
4つセットの箸置き。オシャレです! コースター。パッケージされています。 一合片口とおちょこのセット。 おちょこがずらりと並びます。 湯呑。美味しいお茶が飲めそうです。

職人技が光る数々の瓦製品

一つ一つ丁寧に手作りされており、鬼瓦をイメージしたとも思われる「鬼っこ箸置」なんかは、手作りならではの微妙な表情の違いが、とてもいい味を出していました!

料理を引き立てる大中小数々の食器も、瓦の砕けた部分をあえて残した、風合いのある仕上がりのものがあったりと、お料理だけではなくインテリアとしても楽しめそうですよ~。
体験1
「鬼っこ箸置」。なんともかわいらしい!
「鬼っこ箸置」。なんともかわいらしい! 端が砕けた感じになっていてイイ味出してます。 スクエアのプレート。大中小とサイズ選べます。 作り物のお寿司が美味しそうに見えてきます! シルバーとも相性バッチリです。
ということで、瓦で作った食器や酒器がとても新鮮だったわけですが、陶器などの食器と比べてお手入れはどうしたらよいのか、オーナーさんに聞いてみたところ、洗った後はちゃんと拭いてしっかり乾かして下さい、とのことでした。また、落としたりすると普通に割れるらしいのでご注意を。この辺は陶器の食器と変わらないようです! 6/24日まで開催されているそうなので、興味ある方は是非行ってみて下さいね!
瓦のうつわ展 菊貞
開催日/6月15日(金)~6月24日(日)11:00~17:00(最終日16:00まで、6月16日20:00まで)
開催場所/3ta2 gallery-santani-(愛媛県松山市高井町560-4)
問い合わせ先/3ta2 gallery-santani- TEL.089-970-1043
URL/http://3ta2-gallery.com/
reported by ペロ吉