親子で野外体験!大洲で冬のお泊まり会に行ってきた~

  

南風    イマナニ体験レポート

壁の高さにびっくり!親子でクライミング体験

はじめまして、南風です。元気いっぱいの3人の子供たちと毎日楽しんでます!今回は上の2人(小学3年女子・年長男子)を連れて、国立大洲青少年交流の家の「冬のお泊まり会(ファミリーキャンプ)」に行ってきました。私が子供の頃は少年自然の家といえば大三島だったので、大洲は初めて。楽しみでーす♪なんて思っていましたが、いやー、寒い。。。こういった施設だけに、暖房の温度も決まりがあります。ガチの防寒着を用意しておくことをオススメします!つい10日前まで暖かいなーなんて思ってたのに、急に寒いです。これから2日間もこの寒さでやっていけるのかな。涙
サムネール用1_1
こちらがびっくりするほど、ぐんぐん上がっていく娘
こちらがびっくりするほど、ぐんぐん上がっていく娘 今日から2日間お世話になりますー お部屋はこんな感じ。ベッドメイキングも自分たちでします まずは受付から
ファミリーキャンプということで、たくさんの家族連れがいました。今回は16家族が参加。各家族ごとにお部屋が割り当てられているので、人見知りの我が子たちも一安心。一通り施設の説明なども終え、本日のメインイベント「親子でクライミング体験」へレッツゴー!思ったよりもガチでした。。。なんと、高さ8メートル!大丈夫なのかしら??と不安になる親の気持ちなんて、なんのその。がっつり、登っていきました~教えていただいた方の話によると、クライミングは手の力ではなく足の力で登るらしい。欲張って一気に上がろうとするのではなく、少しずつ登っていくのもポイント。最初に低い壁で教えてくれるので安心です。なかなか普段こんな運動をさせてあげられないのでありがたいですね~
写真2_1
こんな立派なクライミングコースがあります
こんな立派なクライミングコースがあります お話を真剣に聞いています。ポイントは先読みすることと足! 年長の息子も上まで!高さ8メートル!

親子の絆で乗り切れ!オリエンテーリング

息子にとってはいつもより早起きの朝。ぼけーとしたまま朝食へ。バイキング形式で子供たちは大喜びでした♪2日目のメインイベントは「親子でオリエンテーリング」。12の目印を見つける旅に出発です。実際にやってみると、意外と難しい。普段はつい見逃してしまうような細かいところにも注意が必要です。地図を片手に右往左往。途中では4つの問題も答えないといけません。親の力も試されますよ~私たちは90分かけて12の目印のうち、11こが正解。残念。
写真3_1
めざすポイントは12コ!90分以内に探せるかな?
めざすポイントは12コ!90分以内に探せるかな? 地図を頼りに、親子で出発!意外と広いね。。。 家族だけじゃない、出会ったみんなで協力しますよー 何を食べるか迷うほど、朝からたくさんあります うちの子はこんなチョイス!野菜が少なめだね。。。
元気いっぱい野外の活動だけではなく、木のおもちゃで遊ぶ時間や読み聞かせの時間もありました。木のボールプールで遊んだり、自分の身長よりも高く木を積み上げたり。普段遊べないおもちゃの数々に子供たちは大興奮!うちの子供たちはサッカーができるおもちゃを気に入ったようです。最近の子供たちはゲームとかに慣れているからこういったおもちゃは退屈かなと思っていたけれど、なかなかの集中力。おもちゃでぎゃーぎゃー遊んでいても、読み聞かせが始まるとじっと聞いていました。きちんと切り替えができるあたり、すばらしい!
写真4_1
たくさんの木もおもちゃがあります。どれにするか、迷っちゃう
たくさんの木もおもちゃがあります。どれにするか、迷っちゃう 駐車場から少し歩くので、早めの出発がオススメ どこか懐かしい感じのお風呂でゆったり お世話になったスタッフさんともお別れです。また来ますよー
今回2日間の活動で1泊2食で大人1,670円小学生1,640円。かなり安い~!これだけ盛りだくさんの活動があってこのお値段ですからね、コスパ最強です!国立大洲青少年交流の家が国立だからのお値段でしょうか?うちの娘がいった習い事のサマーキャンプに比べると1/10以下のお値段。笑 それに、ベッドメイキングなんかも自分でしますし、自分のことは自分でするっていい練習になりました。来年小学生になる息子にはいい体験だったかなー外遊び・読書・お手伝いができるコスパ最強イベントでした。
冬のお泊まり会(ファミリーキャンプ)
開催日/2018年12月15日(土)〜12月16日(日)
開催場所/国立大洲青少年交流の家(愛媛県大洲市北只1086)
料金/大人1,670円、小学生1,640円
問い合わせ先/国立大洲青少年交流の家 TEL.0893-24-5176
URL/http://ozu.niye.go.jp
reported by 南風